せどりまとめ

【せどりが楽】な10の特徴!正社員と比較してみた

正社員を辞めて、せどりを専業でやってみたい人もいるのではないでしょうか?

せどりは上手くやれば大きく稼ぐ事ができますし、何よりも正社員よりも仕事が「楽」なのです。

今回は、せどりの正社員よりも楽な部分を紹介します。

スポンサーリンク

「せどり」が正社員より楽な10の特徴

正社員よりも「せどり」が楽な特徴を紹介していきます。

時間に縛られない

多くの正社員は早朝〜夕方まで会社に縛られて生活しなければなりません。

会社によっては理由なき外出すら許されず、ずっと同じ建物に籠もって働き続けなくてはいけません。

適当な時間に家に帰ってゲームをしたり、ネットサーフィンをしたりできないのです。

せどりを専業でやっているのならば、そもそも朝に起きる必要もありませんから、昼起きでも問題ありません。

好きな時間にベッドで寝転びながらネットで仕入れをして稼いでいけるのです。

テレビを見ながら仕入れる事もできますし、電車での移動時間にも仕入れて稼ぐことができます。

やりたいゲームがあるのならば、数日間休みにしてゲームをやり込んだりする事もできるのです。

[keikou]せどりは時間に縛られる事がなく、自由に働くことができます。[/keikou]

自分のペースで作業できる

会社に所属している訳ではありませんから、ペースは自分で決める事ができます。

月20万の収入だけで良いのならば、週3ペースの働き方でも間に合ってしまいます。

一人暮らしで家賃が安いのならば、月10万の利益だけでも、本人が満足しているのならば問題ないでしょう。

他にも持病を患っていて、1日3時間しか働けないような人ならば、好きなペースで働ける、せどりは理想的な仕事です。

怒られない

せどりは自分の事業なので、上司がいる訳ではありませんから、怒られたりする心配がありません。

失敗やミスをしても自分が損をするだけであり、誰かに迷惑をかけたりする事はないのです。

上司も社長も居ないのですから、気楽に伸び伸びと働くことができます。

責任がない

せどりで失敗しても自分の負担になるだけなので、失敗やミスに対する責任がないようなものです。

間違えて仕入れをしたとしても自分が損するだけですし、あくまで自己責任の世界なのです。

面倒な人間関係がない

上司も部下も同僚もいませんから、完全に1人でフリーでやっていけます。

誰かに指示される事もなければ、誰かに指示する必要もないのです。

  • くだらない宴会
  • つまらない同僚の会話

などをしなくて良くて、全ての時間を自分の為に使う事ができるのです。

私服で行動できる

せどりはネットや店舗で行いますので、スーツを着る機会が全くありません。

スーツやネクタイが苦手で会社員時代は辛かったのですが、専業せどりならば、私服で行動することができます。

頭を使わなくていい

せどりは頭を使わなくても稼げる仕事なので、頭が悪い人でも稼ぐことができます。

  • 商品を探す⇒仕入れる⇒Amazonに発送

というルートだけで良いので、通販サイトが利用できるレベルの知能があれば十分です。

自分も色々な仕事をしてきましたが、最も頭を使わない仕事は「せどり」だと思います。

仕事の7割は運転とネットサーフィン

せどりのタイプにもよるのですが、通常のせどりの場合、仕事のメインは「車の運転」「リサーチ」です。

運転と言っても自分で好きなリサイクルショップに向かうだけですからドライブのようなものです。

またリサーチも慣れたらネットサーフィンと変わらないです。

運転とネットサーフィンだけで月50万〜100万ほど稼げるビジネスは、せどりぐらいじゃないでしょうか?

やりがいがある

せどりは宝探しのような仕事内容なので、ハマれば「やりがい」を感じる事ができます。

ゲームをしているような気分になるので、稼げるようになれば楽しいです。

稼げる

せどりは資金が増えるほど稼げるようになります。

他のビジネスは月収を上げようと思ったら、スキルを身に着けたり、高度な仕事をしたりする必要があります。

ですが、せどりの場合は仕入れる金額を増やすだけで、大して頭を使わなくても稼げてしまうのです。

ただ、せどりは楽しいことばかりではないのも事実です。

せどりが正社員より楽じゃない5の特徴

では次に、せどりが辛い5つの特徴を紹介します。

収入が安定しない

正社員のメリットは安定した収入です。

毎月決まった金額が振り込まれる精神的な安定は計り知れないものがあります。

実際に自分も正社員から専業に変わった時は、焦燥感が収まらず常に頭の中が不安状態でした。

正社員の心の安定感は、とても大きな所があります。

孤独になりやすい

せどりは個人業務なので、誰とも会わなくても仕事が成り立ってしまいます。

自分は1人が好きなのですが、それでも1ヶ月も誰とも会わないと精神がおかしくなります。

正社員のようにチームで働く共同意識が無い事も精神を荒げる原因となってしまいます。

世間体が気になる?

日本は正社員至上主義な所がありまして、個人事業主は下に見られる傾向があります。

特に「せどり」の場合は転売問題などでイメージが悪いので、世間体でマイナスになってしまいます。

本人が気にしなければ別に良いことなのですが、やっぱり周りの目が気になってしまうのが人間ではないでしょうか?

単純作業で飽きやすい

せどりはゲームみたいだから楽しめる、と先ほど記述しましたが、同じことの繰り返しなので、飽きてしまいやすかったりもします。

仕入先もパターン化してしまうので、ひたすら同じ作業の繰り返しで、嫌になる人もいるでしょう。

将来が不安になる

せどりは将来性はあるのか分からず、未来が不透明なのが怖い部分ではあります。

他のブログを読んだりしてみると

  • せどりは将来性がある
  • せどりは一生稼ぎ続けられる

と断言されていたりして驚いてしまいます。

未来のことは考えても分かりようはないのですが、どんなビジネスでも終わりが来るので、せどり以外の道も残しておくという選択肢もありかもしれません。

せどりは楽なのか?

正社員と比較して、

  • 楽な特徴
  • 楽じゃない特徴

の2つを記述していきました。

[keikou]実際の所、せどりの仕事は楽なのでしょうか?[/keikou]

個人プレーが好きな人には楽

せどりは完全に個人プレーの仕事です。

全ての作業を1人でこなす事ができるので、1人が本当に好きならば、せどりは楽に感じるでしょう。

嫌な人間関係に悩まされる事もなく、自由に生きていく事が可能です。

せどりを始めた理由は「楽をしたい」

自分がせどりを始めた理由は「楽をして稼ぎたい」という気持ちからでした。

[keikou]実質的には、その目的は達成できて楽に稼ぐ事ができています。[/keikou]

正社員の時より稼いでいる

正社員の時の給料が額面22万程度でした。

せどり専業の現在は月60万以上は毎月稼いでいるので、正社員時代の3倍の給料になっています。

資金力が増えていけば、これから更に稼げるようになっていきます。

実力をつければ不安は減らせる

せどりの実力が無くて稼げなかった時は、頭の中には不安しかありませんでした。

  • せどりで食べていけるのだろうか
  • やっぱり正社員に戻った方が良いのではないか
  • 自分は才能が無さすぎて辛い

などなど、自分の将来を悲観し、自分の自信を喪失してしまっていたのです。

ですが稼げるようになると不安はかなり改善されて、現在は正社員の時よりも明るい性格になりました。

収入と精神状態は直結するので、楽に大金を稼げる「せどり」は、将来の不安で苦しい人にオススメできます。

まとめ

今回はせどりという仕事の楽な部分を紹介する記事でした。

せどりは正社員に比べて楽な事もあれば、大変な事もあります。

ただ、ほとんどの正社員より楽に稼げるのは間違いないので、楽して生活して行きたいのならば「せどり」は選択肢の1つとしてアリです。

-せどりまとめ
-, , , ,

© 2021 俺せど