せどりまとめ

せどり【初心者の失敗】ひっかかりやすい要注意の6ポイント

2018年8月19日

俺せど_せどり【初心者の失敗】ひっかかりやすい要注意の6ポイント

せどり経験が少ない初心者だからこそ、判りにくくてひっかかってしまう、失敗してしまう要注意なポイントがあります。

これも知っていれば防げる失敗なので、大事な資金を減らさないように、しっかり最初に頭に入れて、「コレ大丈夫かな?」と確認するクセを習慣にしてしまってくださいね。

 

スポンサーリンク

せどり初心者がひっかかりやすい要注意の失敗【全般】

俺せど_初心者特有の失敗

どんな仕事、ビジネスでも、「習うより慣れろ」で、数をこなすことでうまくいく確率があがる、法則みたいなものがありますよね。

とは言っても、せっかくせどりを始めようと思った人に、できれば失敗はしてほしくないです。

 

[keikou]慣れれば避けられるけど、経験が少ないからひっかかりやすい、初心者特有の失敗[/keikou]というのがあります。

今回はそれを紹介しますので、こちらと合わせて、初心者のみなさんが、避けられる失敗をキッチリ回避してくださいね。

 

せどり初心者の失敗1.商品違い

 

特に仕入れの段階で起こりやすいミスに、商品違いがあります。具体的にどんな状況で起こりやすいか、確認してみましょう。

安すぎ注意!正規品と並行輸入品の見落とし

[keikou]「あれ、これ安っっ!」と思ったときに、まっさきに疑って欲しい[/keikou]のが、並行輸入品です。

海外の商品を輸入して国内で販売する商品に関係しています。違いをざっくり説明します

[topic color="green" title="正規品と並行輸入品"]

正規輸入品

正規日本代理店が輸入している商品

並行輸入品

海外メーカーと正規代理店契約を結んでいない、第三者が、海外の小売店や販売店から購入して輸入したもの

[/topic]

 

つまり並行輸入品は、正規代理店を通していないので、[keikou]メーカーのアフターフォローが受けられず、もちろん不良品の返品交換はきかず、説明書や注意書きが外国語、ニセモノである可能性もある[/keikou]、などのリスクがあります

 

そのかわりに安いんですね。日本で扱いのない、未発売モデルというのもあるのが魅力ではありますが、何せ保障が薄いのが買い手側には心もとないところです。

 

見分け方

並行輸入品と書いてある物もあれば、書いていないものもあります。

店頭でも、展示品は正規品、販売用に持ってきた在庫が並行輸入品、なんてケースもあります。レジに行く前に、JAN(ジャン)コードを確認しましょう。

 

バーコードの下に書いてある数字ですね。

一見、数字が13コも並んでると、みづらいですよね。

それぞれ意味があるのですが、ここでは[keikou]商品確認のために覚えやすい見方[/keikou]を紹介しますね。

[topic color="green" title="カンタンにできる! JAN確認のコツ"]

JANは、型・色を含めて商品1つだけを限定することができ、あらゆる商品間違いを防ぐことができます。

俺せど_JAN確認の方法

こんなふうに、下3ケタx3ケタに分けて確認すると、不思議と覚えやすくなりますのでオススメです。

色違いなど似ているものは、真ん中あたりから後ろが違うことが多いので、末尾を中心に確認することで、効率的にチェックできますよ[/topic]

人気商品の並行輸入品は多いです。間違えて仕入れないように、しっかり確認していきましょう。

 

パッケージ違い

パッケージが違うのに気づかない、というのも初心者のうちは間違いやすいので、注意しておきましょう。

パッケージが違うというのは、基本的には商品も違います。

 

仕様だったりデザインが違うわけですが、パッケージをあまり変えてない商品もあり、[keikou]パッとみて気づけない場合も多い[/keikou]です。

これを防ぐには、型番や、やはりJANを見るのが確実です。

 

失敗2.商品内容の確認忘れ

 

フリマアプリやオークションを使った仕入れなどで引っかかりやすいのが、商品内容が違う、という失敗です。

例えばセットの中の一部が違う、というケースです。

 

[keikou]ロット違いだったり、型番違いのものが、一見セットに見えるように組み合わせてある[/keikou]、という判りづらい場合です。

これは、自分で気づいて質問するしか、防ぐ方法はありません。

 

[keikou]商品詳細に書いてなければ、必ず確認する、価格が安ければ確認する[/keikou]、という感じで気を付けておきましょう。

「詳しいことは判らないので、写真をみて判断してください」とうたう場合もあり、中には悪意でごまかして出品されているものもあります。

だいたい価格が安くでているので、なぜ安いのか?という確認をしていくことで防げます。

 

理由がないのに安い場合は、要注意です。

 

Amazonせどりの失敗を防ぐ重大な注意点

俺せど_Amazonせどりの失敗を防ぐ重大な注意点

アマゾンを使ったせどり特有の失敗があります。便利な半分、注意点もあるので、覚えておきましょう。

 

失敗3.カテゴリー申請や出品申請が必要なもの

 

以前ほどではありませんが、Amazonで出品するのにカテゴリー申請や出品許可が必要な商品があります。

申請を出さないうちに仕入れないように注意しましょう。

申請を出して出品するには、次のような手続きや条件があります。

すべてここから確認ができます

 

カテゴリー申請

ページの一番下に記載がある、[keikou]申請が必要なカテゴリー[/keikou]です。

リンクをクリックして、申請フォームを送信します。

出品が認められると、大口出品にアップグレードし、月間登録料4,900円を出すことで出品ができます。

出品許可申請

カテゴリーではなく、[keikou]特定のブランドを出品するか、特定のカテゴリーで出品する時に出品条件が必要になる[/keikou]ケースもあります。

同じく上記のページに詳細や申請方法がありますが、現時点では

・レーザーポインターおよびその関連商品
・ホバーボード

が挙げられています。

制限対象商品

また、[keikou]一切Amazonに出品できない商品[/keikou]もあります。

前出のページに記載がありますが
制限対象商品
出品者利用規約
を一度チェックしておきましょう。

 

失敗4.FBAで扱えないもの

 

Amazonでは出品できても、FBAでは出せないものもあります。

FBAを使う方が多いと思いますので、仕入れには注意してくださいね。

 

FBAで扱いが禁止されている主な一覧

一見多く見えますが、保管の難しいもの、金銭価値のあるものなどが多いです。

項目
日本の規格および法律を満たしていない商品 酒類
室温で保管できない商品 金券、商品券、プリペイドカード
食品、食品を含む商品、賞味/消費期限が記載されている商品 ギフト券、テレホンカード、切手、収入印紙、イベント入場券など
動植物 ゴールド、プラチナ、銀などの貴金属バー・インゴッド・地金
危険物および化学薬品 金貨・銀貨・銅貨・記念コイン
出品に必要な届出や許可取得などが行われていない商品 古銭・古札
医療機器 プログラムのポリシーによって出品が禁止されている商品
医薬品 リコール対象の商品、または日本で販売が禁止されている商品

[keikou]宅急便で送れないものや、電車で運べないものとも共通点[/keikou]がありますね。

 

CD、DVD等は特にサンプル盤に注意

特に要注意なのは、CD、DVDのサンプル盤です。

これはプロモーション用で関係者に配布された見本品のことです。

 

通常販売されている製品版と外見も中身も変わらないのですが、安く出回るので間違って仕入れてしまう失敗が多いんです。

 

商品自体にもサンプル盤と書いてあるので、店頭仕入れなら判りやすいです。

[keikou]ネットでは商品説明には載せていないケースも多い[/keikou]ので、仕入れる時に写真を確認する、販売者に確認するなど、ひと手間かけて注意しましょう。

 

失敗5.アマゾンが独占しているもの

 

Amazonが有利な仕入れの条件で扱っているものがあります。

こんな風に表示されているものです。

俺せど_amazonが出品しているもの

[spcolwrap][spcol2]スマホだとこんな感じです。
俺せど_amazonが出品しているもの_スマホ版 [/spcol2][spcol2] これは、最安値でAmazonが在庫豊富に揃えているということです。

[keikou]Amazonの在庫切れを起こさない限り、販売チャンスがありません[/keikou]。
[/spcol2][/spcolwrap]

 

こうなると、在庫を抱えることになってしまいます。これも特に初心者のうちは見逃しがちです。

しかもダメージが大きいので、きちんと出品者の内訳を確認するようにしましょう。

 

季節もの・シーズンもの

俺せど

季節商品、お花見や夏祭り、クリスマスなどイベント向けの商品は、購買需要がたかいので商品もよく売れる嬉しいシーズンですよね。

ですが、特に初心者のうちはタイミングが遅くて、売れ残りになってしまいやすいので注意が必要です。

 

失敗6.季節もの、イベントのタイミング

 

どちらも、慣れてしまえば問題ないのですが、初心者のうちは[keikou]仕入れや販売ピークの時期の予測がズレがち[/keikou]です。

 

季節もの

イベントものなら終りがだいたいはっきりしているのでまだいいのですが、季節もの・シーズンものは、例えば近年のように気温が急に下がったら、[keikou]突然売れなくなったりするリスク[/keikou]があります。

ということは、完全に天候次第の神頼みになってしまいます。

資金に余裕がないうちは、期間と数の余裕を見積もっておくほうが無難ですね。

 

イベントもの

イベントの場合は、[keikou]仕入れ着手の遅さで失敗しがち[/keikou]です。

リサーチして、何をどのぐらい仕入れるかの計画、出品するまでにかかる日程、商品ページを作る作業時間など、慣れないうちは思っているより時間がかかります。

[keikou]早め早めに準備[/keikou]して、せっかくの売上が伸びる期間を、ムダにしないようにしましょう!

 

せどり【初心者の失敗】ひっかかりやすい要注意の6ポイントまとめ

俺せど_せどり【初心者の失敗】ひっかかりやすい要注意の6ポイントまとめ

最後に6つのポイントをまとめます。

[topic color="green" title="【初心者の失敗】要注意の6ポイント"]

失敗1.商品違い(並行輸入品、パッケージ違い)
失敗2.商品内容の確認忘れ
失敗3.カテゴリー申請や出品申請が必要なもの
失敗4.FBAで扱えないもの
失敗5.アマゾンが独占しているもの
失敗6.季節もの、イベントのタイミング

[/topic]

 

どれも知っていれば、初心者でも充分に防ぐことができますね。

しっかり覚えて、損失を出さないようにしていきましょう。

メールマガジン【俺せど通信】

メルマガ読者限定の情報をお届けします。

  • 副業せどりでお小遣い稼ぎをしたい
  • 将来的にせどりで独立を考えている
  • せどりで伸び悩んでいる

上記のような方は、ぜひ無料のメルマガに登録してください!

メルマガの登録はこちら

【俺せど公式LINE】

せどりで稼ぎたい方が知っておいて損のないノウハウを発信中

ブログでは言えないおトク情報を無料で受け取ってください!

俺せど公式LINEはこちら

-せどりまとめ
-, , , ,

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで