せどりまとめ

【せどりで就職】しなくても生活できる?未来は分からない…

2019年3月25日

 

せどりで立派な稼ぎを作れば、就職しないまま独立しても生活していけると考えている方もいるでしょう。

 

確かに現状では稼ぎやすいビジネスなので、月30万以上も稼いでいる方ならば、就職する気持ちなんて無くなってしまっても不思議ではありません。

 

未来の事を考えると就職したままの方がリスクが少ないのですが、脱サラできる状態になれば、すぐにでも会社を辞めたい人も多いのです。

 

今回は、せどりで稼いでいる人は就職しなくても良いのかどうか、解説します。

 

スポンサーリンク

せどりで稼げば就職は必要なし?

せどりと正社員のメリット・デメリット

 

「せどり」と「正社員」は、働き方や収入の経路が全く違いますので、双方にメリット・デメリットがあります。

 

せどりは、自営業なので、基本的には全ての業務を自分で行う必要があるので、稼げるかどうかは自分次第です。

 

正社員のように就職していれば、毎月固定給が支払われるようなことはないのです。

 

上手に仕入れをしないと無収入に終わってしまう可能性もゼロではありません。

 

しかし、正社員は固定給なので稼ぎの上限は決まっていますが、せどりは稼ぎの上限は無く、月50万以上を稼ぐことだって、頑張り次第では可能です。

 

せどりは正社員に比べると不安定ですが、稼ぎの上限がなく夢のある仕事です。

逆に正社員は、給料は固定されているので安定しているというメリットがあります。

 

せどりは安定性の高い投資ビジネス

 

せどりは正社員に比べると不安定なのは間違いありませんが、ネット副業の中では安定した部類に入ります。

 

仕入れのコツを掴み、定番の仕入れ商品を見つけられるようになれば、毎月安定した収入を見込むことができます。

 

株やFXのような不安定さは無く、毎月数十万の安定した収入を得るのならば、それほど難易度の高いことではありません。

 

せどりのノウハウさえ間違えなければ、2ヶ月目に月収10万を突破する人も、多数おられます。

 

月収30万を稼いでいた人が、いきなり月収3万に減ったりするようなことは、せどりでは起こりにくい事例です。

 

永劫に消滅しないビジネスモデル

 

せどりは「安く買って高く売る」を効率よく繰り返すだけなので、いつの時代であっても残り続けるビジネスです。

 

仮に、「安く買って高く売る」が不可能な世の中になる頃には、日本で自由市場が失われた時ぐらいしか考えられないのではないでしょうか?

 

国が全ての物品を管理するような世界になってしまったら、せどりをすることは難しいかもしれませんが、自由市場が残り続ける限り、一生使えるビジネススキルとなってくれるのです。

 

そもそも、「安く買って高く売る」というのは商売の基本であり、他の仕事でも共通している概念なので、せどりができない未来がやってきてしまうと、ほとんどの商売も失われてしまいます。

 

そんな未来があるとしたら、せどり以外の業界も終わってしまっているので、大半の業界で食べて行けなくなってしまっているでしょう。

 

ブラック業界・企業なら、せどりの方が良い

 

ブラック業界やブラック企業で働いている方ならば、せどりで独立をした方が報われる可能性が高いです。

 

ひどい労働環境で自分の心身を潰してしまう所に居ても何も報われることはありません。

ブラック業界だと、仕事で身につくスキルも他業界では全く役に立たないこともあり、就職しているメリットが少ないです。

 

将来性の無い業界・会社で働いているぐらいなら、せどりで稼いで自由になった方がマシでしょう。

 

 

せどりと就職の選択

就職した方が良い人

 

  • 優良企業に就職している社会人
  • 優良企業に就職できる学生

などは、せどりで独立せずに就職したままの方が絶対に良いです。

 

せどりは優良企業の職歴を捨てるほど良い仕事ではありません。

 

確かに稼げるビジネスですが、将来に今と同じぐらい稼げているか分かりませんし、世間体も悪いです。

 

せどりをしたいのであれば、副業で稼ぐだけに留めておいて、優良企業の社員のままで居た方が絶対に良いでしょう。

 

会社を辞めた瞬間は開放感が得られるかもしれませんが、すぐに会社を辞めたことによる不安感に襲われてしまいます。

 

せどりで独立した方が良い人

 

 

[topic color="green" title="せどりで独立した方が良い人"]

  • ブラック業界で働いている
  • ブラック企業で働いている
  • 正社員が体質的に合わない

[/topic]

 

 

ブラック業界・企業で働いている方は、そのまま会社に居ても明るい未来は待っていないので、専業せどりで生きて行った方がマシでしょう。

 

他にも、正社員という働き方が合わないと感じている人は、大手企業とかじゃない限り辞めた方が幸せになれる可能性もあります。

 

時間的な拘束がストレスになってしまって、それだけで鬱になるような方もおられます。

 

そのような方は、正社員で働くと辛いだけなので、せどりのような自由な仕事の方が向いているのです。

 

せどりをしても就職の道は残す

正社員の道は完全に切らない

 

どんな人でも正社員の道を完全に断ち切らないべきです。

 

というのも働き方を絞ってしまうと、それだけで精神的に追い詰められてしまって、余裕が無くなってしまうのです。

 

独立したばかりの頃は、二度と正社員に戻りたくないと考えてしまいがちです。

 

しかし、せどりは資金が無くなると1円も生み出せないビジネスなので、仮に資金がショートしてしまったら、絶対に正社員に戻る必要があります。

 

正社員の道を消してしまって余裕が無くなると、リスクの取れない守りの仕入れをしてしまって、結果的に収入が下がっていくリスクが付きまとうのです。

 

副業の方が稼げる理由

 

「ネットビジネスは副業時代の方が稼げた」という話を非常によく聞きます。

 

専業だと、ネットビジネスだけで生計を立てて行かなければならず、事業の収入から生活費を捻出して行くことになります。

 

したがって、守りに入ってしまって、稼げる金額が落ちてしまうのです。

 

副業だった頃は、会社に守ってもらっている状態なので、安心感があり、多少の無茶もできる余裕がありました。

その余裕が、ネットビジネスにおいては重要なのです。

 

特に、せどりのような資金運用のビジネスは、正社員の収入が消えるのは怖くて仕方が無くなります。

 

せどりの経験は就職に役立つ?

就職活動での評価

 

せどりの就職活動での評価は非常に低いでしょう。

 

世間一般の方々は、せどり=転売屋なので、悪い印象しかありません。

特に大手企業になるにつれて、せどりの事を理解されないでしょう。

 

これから大手企業の面接を受けるような方は、せどりをやっていたことは隠した方が無難です。

大学生ならば、アルバイトをしていたことをアピールした方が好印象でしょう。

 

リサイクル系の会社なら採用評価が上がる

 

リサイクル系の転売事業をしている会社ならば、せどりの経験は評価されます。

中小企業ならば、転売を主軸にしている会社もあるので、そのような会社なら好印象になるでしょう。

 

ネットオークションを事業の柱にしているような会社もありますので、せどりと変わらない業務をしている会社ならば、即戦力です。

 

しかし、そのような会社は少数ですし、仮にネット転売事業をしていても必ず採用される訳ではありませんので注意してください。

 

せどり以外のスキルも身につけよう

 

就職しようにも学歴も資格も持っていない人もいるでしょう。

そのような方は、せどりをしながらでも良いので、何か別のスキルも身に着けておいた方が良いです。

 

無難なのは「資格」「プログラミング」などです。

 

難関資格で無くても、就職に有利になる資格は結構あります。

電気系の資格を取って就職したフリーターの友達がいます。

 

プログラミング教室に通って、プログラマーを目指すのも悪くないでしょう。

 

せどり以外のスキルもあった方が、せどりがダメになったとしても大丈夫なので、精神的な安定へと繋がります。

心の安定が余裕へと繋がり、せどりの業績も上手く行ってくれますから、スキルを身に付けることは大切なのです。

 

まとめ

 

せどりは、現時点では稼げますが将来は分かりません。

 

正社員の道を捨てるほど魅力があるとは言い難いので、働きながら副業として実践するのがオススメです。

 

安く仕入れるだけで成立するので、正社員でも無理なく続けられますよ。

 

メールマガジン【俺せど通信】

メルマガ読者限定の情報をお届けします。

  • 副業せどりでお小遣い稼ぎをしたい
  • 将来的にせどりで独立を考えている
  • せどりで伸び悩んでいる

上記のような方は、ぜひ無料のメルマガに登録してください!

メルマガの登録はこちら

【俺せど公式LINE】

せどりで稼ぎたい方が知っておいて損のないノウハウを発信中

ブログでは言えないおトク情報を無料で受け取ってください!

俺せど公式LINEはこちら

-せどりまとめ
-, , ,

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで