せどりまとめ

【せどりは不労所得】とは程遠い?作業は絶対に必要!

2019年2月24日

 

ネット副業と言えば、不労所得のイメージが強いかもしれません。

 

実際に放置型で稼いでいくことを謳ったネットビジネスの紹介は多数あり、「ネットビジネス=不労所得」と考えている人も珍しくありません。

 

しかし、せどりは、不労所得とは縁遠いビジネスで、必ず作業をしなければならない仕事です。

 

もし、これからネット副業で不労所得を作りたいのであれば、せどりはオススメできないビジネスとなります。

 

作業した分だけ稼いでいけるビジネスをしたいのならば、せどりをすることを推奨します。

 

スポンサーリンク

せどりは不労所得ではない

せどりは作業時間が必要

 

不労所得が欲しい方には残念なお話になってしまうのですが、せどりは不労所得とは無縁のビジネスです。

 

そもそもネットビジネスにおいて、完全な不労所得を構築できるのは、アフィリエイトぐらいじゃないでしょうか?

 

アフィリエイトは、稼ぐまでが非常に大変なのですが、稼ぎ始めることができれば不労所得に繋がります。

ただ、現在は難易度が上がりすぎて、稼ぐまでに1年以上かかりますが…。

 

せどりは、作業すれば速攻で成果が出ますが、不労所得にするのは難しいです。

 

せどりで月100万を稼げるようになっても、作業をしないようになったら、稼ぎは0になってしまいます。

 

店舗せどりなら、休みの日は潰れる

 

店舗せどりをするのであれば、店舗まで行って仕入れることになるので、作業に大幅な時間を使うことになります。

 

店の大きさにもよりますが、1店舗の滞在時間は30分〜1時間ぐらいは必要になります。

 

移動時間も必要になりますが、場所によっては移動だけで30分ぐらい必要なことがあり、とにかく時間がかかるビジネスです。

 

不労所得ではなく、あくまで労働収入ですので「家で寝転びながら稼ぎたい」が希望な方には向いていない仕事かもしれません。

 

正社員だと時間がカツカツになる可能性

 

正社員で店舗せどりをやっていると、時間的にカツカツな毎日を送ることになるでしょう。

 

自分の周りにも、正社員をしながら店舗せどりで稼いでいる方が居ますが、本業以外の大半の時間を、仕入れや納品に使っているそうです。

 

人によっては電脳せどりが苦手な方もいて、その方も電脳に慣れずに店舗に拘っている方でした。

 

店舗せどりで月100万以上を稼いでおられるので、相当に凄いのですが、プライベートが無くなっている時点で、不労所得とは程遠いです。

 

せどりは稼ぎまくることができるビジネスですが、不労所得ではありませんね。

 

ただ、せどりは、工夫すれば作業時間を大きく減らして、不労所得に近づけることは可能です。

 

せどりを不労所得に近づける

電脳せどりに絞る

 

せどりは店舗まで行くから時間がかかるのであって、ネットで仕入れる「電脳せどり」ならば、かなりの作業時間を削ることができます。

 

 

[topic color="green" title="電脳せどりのメリット"]

  • スキマ時間に仕入れられる
  • 移動時間が必要ない
  • 場所に制限されない

[/topic]

 

 

これらのメリットによって、作業時間を大きく減らすことができます。

 

電脳せどりであれば、店舗せどりと同じ稼ぎであってもプライベートの時間を確保することができます。

したがって、正社員の副業として始めたいのであれば、電脳せどりから始めることを推奨します。

 

電脳せどりならば、通勤時間・移動時間・就寝前・病院の診察待ち時間、など何時でも何処でも作業をすることができます。

 

遊びに行く途中の移動時間でも仕入れられますから、遊びながらスキマ時間に稼ぐことも可能なのです。

 

納品作業を外注する

 

納品作業を外注すれば、自分で納品する手間が無くなりますので、せどりの労働時間を大きく削ることができます。

せどりは仕入れだけでなく、納品作業にも時間が必要であり、また作業自体も大変です。

 

ただの荷物の梱包作業ですから、全然楽しくないので、他人にお金を払ってでも任せてしまった方がお得でしょう。

 

納品作業を外注すれば、リサーチだけに集中することができますので、更に作業時間を減らして不労所得に近づけることができます。

 

リサーチ・仕入れの外注は難しい

 

リサーチ・仕入れの外注化は、納品作業に比べると難しいです。

 

というのも商品の仕入れの基準については、自分の意見が必要なことが多々あります。

 

外注さんにノウハウを教えたとしても、確実に精度100%で会得できる訳ではないです。

したがって、自分が教えたノウハウを元に仕入れ対象を見つけてもらいますが、失敗したらダメなので、最終チェックは自分がすることになります。

 

しかし、その最終チェックの連絡を、自分がすぐに確認できる訳ではないので、仕入れ対象商品が見つかって連絡が来ても確認が遅ければ、他の人に取られてしまうことがあるのです。

 

電脳せどりはスピード勝負な部分があり、一瞬の判断が求められることが多々あります。

メルカリで仕入れるのであれば、即決で買うことができる制度なので、良い商品を見つけたら即決で買っていく必要があります。

 

のんびり確認なんてしていたら、他のライバルが全部持っていってしまうのです。

 

なので、リサーチ・仕入れに関しては外注は難しいということになります。

 

また、仮に優秀で信頼できる外注さんが見つかって、外注化できたとしても、仕入れ後の確認作業は必要になりますから、作業を無くすことはできないのです。

 

つまり外注を駆使したとしても、完全放置は無理ということになります。

 

 

せどり以外で不労所得を作る

せどりで稼いでアフィリエイトをする

 

せどりで稼いだ金額を元手に、アフィリエイトをしていくのであれば、いつかは不労所得に近づけるかもしれません。

 

ただ、アフィリエイト経験者として言えることは、現在はライバルの増加とアルゴリズムの改定により、簡単に不労所得を構築できなくなってしまいました。

 

作業や投資をしても稼げない可能性も十分にあるビジネスなので、これからアフィリエイトで稼いで行くのは覚悟が必要です。

 

また、SEOの変動もあるので、アフィリエイト収入が永続的に続く訳ではありません。

 

1年前までは放置で稼げていたのに、今年は全く稼げない

という話は、アフィリエイト業界では珍しくありません。

 

せどりは、いつの時代においても、作業すれば必ず稼げるので、自分はアフィリエイトよりも好きなビジネスです。

 

せどりで稼いで不動産を買う

 

せどりで稼ぎまくって不動産を買えば、不労所得を手に入れることができます。

 

不動産投資には、何千万の資金が必要だと考えている人も居るかもしれませんが、ワンルームマンションならば、200万や300万からでも購入することができます。

 

せどりで一気に稼いで、安くて将来性のあるワンルームを買い占めていけば、不動産による不労所得を得ることができるでしょう。

 

不動産価値はアフィリエイトのような、突然の変動がありませんから、安定した不労所得になってくれます。

 

実際に、せどりで稼いだ資金で不動産を買って、安定した不労所得を得る方は多いですよ。

 

まとめ

 

せどりを不労所得に変えるのは難しいですが、作業時間を減らして行くことは可能です。

 

 

[topic color="green" title="せどりの作業時間を減らす方法"]

  • 電脳せどりで仕入れをする
  • 納品作業を外注化する

[/topic]

 

 

ネット仕入れと外注化の2つを組み合わせることができれば、作業時間を半分以下に減らすことができます。

 

正社員で働きながらでも、十分に自由なプライベートの時間を確保できるはずなので、せどりで自由な時間が無くて困っている人は実践してみてください。

 

本当に不労所得が欲しいのであれば、せどりで稼いで不動産を買うのが、安全で確実な道です。

せどりでならば、月100万なんて資金と作業量だけで稼げますから、すぐに不動産を買える資金が貯まりますよ。

 

-せどりまとめ
-, ,

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで