せどりノウハウ

【オフィス用品せどりの狙い目商品10選】おすすめの仕入先も公開

悩める人
オフィス用品のせどりは儲かるんだろうか?どんな商品が稼ぎやすいんだろう。オフィス用品せどりの狙い目商品や、おすすめの仕入先が知りたいな。

こんな疑問に答えます。

 

オフィス用品は、ライバルが少なく稼ぎやすい商品が多いです。

会社勤めの副業せどらーにとっては、知識を活かせるジャンルでもあるでしょう。

 

本記事では、オフィス用品せどりの狙い目商品や仕入先を解説します。

スポンサーリンク

オフィス用品せどりのメリット・デメリット

はじめにオフィス用品せどりのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

メリット

  • ライバルが少なめ
  • プレミア価格になる商品もある
  • 中古市場も熱い

デメリット

  • 商品バリエーションは少なめ
  • 重たい商品も多い

 

メリット①ライバルが少なめ

オフィス用品は、家電やゲームなどと比較してライバルが少ないメリットがあります。

  • 儲かる商品を見つけやすい
  • 価格競争になりにくい
  • 回転率を維持しやすい

家電やゲームなどのライバルが多いジャンルと比較すると、オフィス用品は上記のような特徴があるんですね。

 

影でひっそりせどりをしたい方にも向いています。

メリット②プレミア価格になる商品もある

オフィス用品の中には、プレミア価格になる商品もあります。

 

季節限定カラーや、海外ブランドの記念モデルなどは高値になりやすいです。

定価で仕入れて高値で売れるので、慣れてくると仕入れも楽になります。

メリット③中古市場も熱い

オフィス用品は中古市場が熱いメリットも。

 

というのも、オフィス用品は新品でなくても「機能すればOK」と考える購入者が多いからですね。

  • リサイクルショップで格安仕入れ
  • メンテナンスして出品

仕入れた中古品をきれいにして転売すると利益が取りやすいです。

デメリット①商品バリエーションは少なめ

デメリットとしては、商品バリエーションが少なめなこと。

 

家電製品なら星の数ほど商品がありますが、オフィス用品はそこまで多くありません。

しかし、だからこそリサーチしやすいというメリットもあります。

 

せどり初心者にとっては、逆に嬉しいポイントになることもあるでしょう。

デメリット②重たい商品も多い

オフィス用品は、重たい商品や大きな商品が結構あります。

 

せどらーからすると、軽くて小さい商品を仕入れるのが理想ですよね。

ただし、重たくて大きな商品はライバルが超少ないメリットがあります。

 

ネット仕入れなら苦にならないので、儲かる商品は積極的に仕入れていきましょう。

オフィス用品せどりで狙い目の商品10選

オフィス用品せどりで狙い目の商品を10選紹介します。

  1. 電卓
  2. シャーペン・ボールペン
  3. 金庫
  4. スキャナー
  5. タイムカード
  6. ノート
  7. 手帳・カレンダー
  8. 鉛筆削り
  9. 筆箱
  10. レジスター

 

電卓

電卓は高機能でマニアックな製品がおすすめです。

 

例えば、PCに接続するとテンキーして使える電卓や、グラフ機能、プリント機能がついたものなど。

電卓マニアがいるくらいなので、隠れた需要がある穴場商品になります。

シャーペン・ボールペン

シャーペンやボールペンなどの筆記用具は、オフィス用品せどりの定番商品です。

  • ラミー
  • パーカー
  • ウォーターマン
  • モンブラン
  • パイロット

上記ブランドはプレミア商品も多く稼ぎやすいかなと。

 

単価の高い高級な商品を狙うのがおすすめです。

新生活やクリスマスなどのプレゼントシーズンは、高値になりやすい傾向があります。

金庫

金庫はオフィス用品せどりで安定した需要のある商品です。

 

10kg超えの重たい金庫はせどりに不向きなので、1〜5kgくらいまでの小型金庫を狙いましょう。

リサイクルショップやフリマアプリで、中古品を格安仕入れすることも可能です。

スキャナー

スキャナーも一定の需要がある商品です。

  • ハンディタイプ
  • 名刺専用スキャナー
  • 据え置きタイプ

様々な種類があるので、売れ行きが良く出品者数の少ない商品を選びましょう。

タイムカード

タイムカードもオフィス用品せどりの定番商品です。

 

特に中古品が熱いので、リサイクルショップやネットショップはマストでリサーチしてください。

状態の良いタイムカードは、価格差を取りやすいです。

ノート

ノートは使用頻度の高い売れ筋のオフィス用品です。

  • ハイブランドのノート
  • キャラクターとのコラボノート
  • 特殊な機能がついたノート

リサーチをする際は、出品価格の高いノートを重点的にチェックしてください。

 

プレミア価格になるノートも結構あるので、定期的に新製品情報を確認しましょう。

手帳・カレンダー

手帳やカレンダーは、年始に売れ行きが爆発するオフィス用品です。

 

毎年1月を過ぎると、各店舗が在庫を一斉値下げします。

このタイミングで仕入れて、Amazonやメルカリへ出品すると利益を出しやすいです。

参考記事
カレンダー・手帳せどりは儲かる?仕入れのコツとおすすめ商品紹介

鉛筆削り

鉛筆削りは定番系から隠れた需要がある商品まであります。

 

自動と手動があり、デザインも様々です。

実店舗では売れ残りを格安セールしていることもあるので、相場を頭に入れておくと良いでしょう。

筆箱

筆箱は回転率の高い商品が多いオフィス用品です。

  • キャラクター系
  • ハイブランド
  • コラボ系

上記のような商品は、プレミア価格になりやすく稼ぎやすいです。

レジスター

レジスターは、大きいものの価格差が取りやすいオフィス用品です。

 

高額なイメージがありますが、中古品なら安く仕入れられます。

動作確認済みで状態の良いレジスターを掘り出せれば、利益率の高いせどりができますよ。

オフィス用品せどりにおすすめの仕入先

オフィス用品せどりにおすすめの仕入先を紹介します。

  • 東急ハンズ
  • LOFT
  • ASKUL
  • イーサプライ
  • リサイクルショップ
  • メルカリ
  • ヤフオク

 

東急ハンズ

東急ハンズは豊富なオフィス用品が揃った仕入先です。

 

便利系のグッズから、高級文具までリサーチできるのも魅力。

東急ハンズから火がつく商品も多いので、店舗リサーチする際は「おすすめコーナー」をチェックしてみてください。

参考記事
【穴場】東急ハンズせどりで稼ぐポイント!狙い目商品も紹介します

LOFT

LOFTは東急ハンズと並ぶ品揃えの仕入先です。

 

ライバルせどらーが少なく、他店で売り切れのオフィス用品が普通に見つかったりします。

特に文房具の品数が多いので、店舗へ行った際は必ずリサーチしてくだださいね。

参考記事
【推奨】LOFT(ロフト)せどりで稼ぐ方法:狙い目商品も紹介します

ASKUL

ASKULは、オフィス用品を格安で仕入れられるオンラインショップです。

 

アウトレット品や訳あり品が簡単に見つかるのも嬉しいポイント。

単価の高い商品を重点的にリサーチすると、儲かる商品を見つけやすいです。

参考記事
【盲点】ASKUL(アスクル)せどりは稼げます:ポイントを解説

イーサプライ

イーサプライは、ライバルが少ないおすすめの仕入先です。

 

マイナーなイメージがあるショップですが、商品によっては断トツの最安値で販売されていることも。

アウトレット品なら、定価の50%オフで格安仕入れできるケースもありますよ。

参考記事
【激安】イーサプライ転売は稼げる?アウトレット品で儲ける方法解説

リサイクルショップ

リサイクルショップは、オフィス用品の掘り出し物に最適な仕入先です。

 

特に地方のリサイクルショップは、オフィス用品の需要が少なくタダ同然で仕入れられる可能性もあります。

近くに個人経営のリサイクルショップがある方は、定期的にリサーチしてみてください。

参考記事
リサイクルショップが転売の仕入先に最適な理由と店舗リストを公開!

メルカリ

メルカリは、個人の出品者から低価格のオフィス用品を仕入れられます。

 

出品者によっては、複数のオフィス用品を出品してることも。

そんな出品者を見つけたら、値下げ交渉できないか問い合わせてみましょう。

 

上手くいけば、相場よりも安く仕入れられますよ。

ヤフオク

ヤフオクもオフィス用品が充実した仕入先です。

 

海外ブランドの高級ボールペンや、高機能電卓などが見つけやすいですね。

良質な出品者と繋がれると、仕入れが楽になるので時間をかけてリサーチしてみてくださいね。

オフィス用品せどりで注意するべきポイント

オフィス用品せどりで注意するべきポイントを紹介します。

  • 中古品は必ず動作チェックをする
  • 仕入れすぎに注意する
  • 商品サイズと重量は仕入れ前に確認する

 

中古品は必ず動作チェックをする

中古のオフィス用品を仕入れる際は、必ず動作チェックをしましょう。

  • 仕入れる前
  • 手元に届いた時
  • 発送する前

ネット仕入れをする際は、事前に出品文から動作品であることを確認してください。

 

万が一、出品文に動作確認の記載がなかった時は、出品者に問い合わせるようにしましょう。

仕入れすぎに注意する

オフィス用品は、需要がそこまで多くないので仕入れすぎには注意してください。

 

大量仕入れをしてしまうと、不良在庫や赤字になるリスクがあります。

リサーチツールから冷静に分析して、売りさばける分だけ仕入れるようにしましょう。

商品サイズと重量は仕入れ前に確認する

オフィス用品は、サイズが大きかったり重たい商品もあるので、仕入れる前にチェックしてください。

 

ネット仕入れの場合、商品画像ではサイズを判断しかねるケースがあります。

高重量の商品は送料やFBA保管手数料が高いので、事前に把握しておくことが大切です。

まとめ

オフィス用品せどりについて解説しました。

 

最後に本記事のおさらいをしておきましょう。

狙い目商品

  • 電卓
  • シャーペン・ボールペン
  • 金庫
  • スキャナー
  • タイムカード
  • ノート
  • 手帳・カレンダー
  • 鉛筆削り
  • 筆箱
  • レジスター

おすすめの仕入先

  • 東急ハンズ
  • LOFT
  • ASKUL
  • イーサプライ
  • リサイクルショップ
  • メルカリ
  • ヤフオク

オフィス用品は一定の需要があり、ライバルが少ないメリットが得られます。

 

せどり初心者の方は、家電やゲームなどの定番ジャンルに加えて、オフィス用品もリサーチしてみてください。

双方の強みを活かせると、せどりの安定感アップに繋がりますよ。

参考記事
せどりにおすすめのジャンル16選と5つの商品選定ポイント【初心者向け】

メールマガジン【俺せど通信】

メルマガ読者限定の情報をお届けします。

  • 副業せどりでお小遣い稼ぎをしたい
  • 将来的にせどりで独立を考えている
  • せどりで伸び悩んでいる

上記のような方は、ぜひ無料のメルマガに登録してください!

メルマガの登録はこちら

【俺せど公式LINE】

せどりで稼ぎたい方が知っておいて損のないノウハウを発信中

ブログでは言えないおトク情報を無料で受け取ってください!

俺せど公式LINEはこちら

-せどりノウハウ
-

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで