ノウハウ

せどりの効率的なリサーチ方法とは?最短で利益商品を見つける方法

せどりにチャレンジしてるけど、利益商品を見つけるのに時間がかかる…どうすれば効率的に利益商品を見つけられるのかな。せどりの効率的なリサーチ方法を教えて!

こんな疑問に答えます。

せどりを始めたばかりの人にとって、大きな悩みとなるのがリサーチです。

儲かる商品がなければ、お金を増やしていくことはできません。効率的にリサーチするには、どのような方法があるのでしょうか?

本記事では、せどりの効率的なリサーチ方法について解説します。

スポンサーリンク

そもそもせどりでリサーチする目的とは?

せどりのリサーチは、以下の要素を分析するために行います。

  • 価格差
  • 商品の需要
  • 出品者数

価格差

リサーチをする最大の目的と言えば、価格差を見つけることですね。

売値と仕入れ値だけでなく、Amazonをはじめとする販路の手数料なども計算します。利益の計算はAmazon FBAシミュレーターや、リサーチツールで行うのが一般的です。

「どれくらいで売られているのか」という相場についても、リサーチの段階でチェックします。

商品の需要

需要を分析することで「いくらくらいで売れるか」や「どれくらいの期間で売れるか」が分かります。

どんなに価格差がある商品でも、需要がなければ商品は売れません。リサーチをする際は「価格差があって、なおかつ需要が大きい商品」を見つける必要があります。

出品者数

需要と合わせて大事なのが出品者数の分析です。

めちゃくちゃ人気の商品があったとしても、出品者が需要を上回れば売れ行きは悪くなります。結果、値下げ合戦になってしまい、時には赤字になる人もいるでしょう。

商品の需要を詳細に分析するには、出品者数の把握が欠かせません。

  • 1ヶ月に売れた商品数:100品
  • 出品者数:50名
  • 1名あたり月2品売れている計算

「1ヶ月に売れた商品数」÷「出品者数」=「1名あたりから売れる数」

上記の計算式を使えば、出品者1名から売れる数が分かりますよね。

1人の出品者から売れる数が多い商品は、回転率が高く狙い目と判断できるでしょう。このようにせどりのリサーチは、利益に直結する重要な作業になっています。

非効率的なせどりのリサーチ方法

初心者が陥りがちな非効率なリサーチ方法を例として紹介します。

  • 全て手動で作業している
  • 毎回同じ商品から始めている
  • 商品リストにストックしていない

全て手動で作業している

手動でリサーチしている人は、かなり非効率と言えます。

  • Amazonランキングから商品をチェック
  • 電卓で利益計算
  • 価格差を見つけるまで継続

上記のような流れでリサーチするのはおすすめできません。

最近は優秀なリサーチツールがたくさんリリースされています。

例えば、モノトレーサーなら、完全無料で利益の自動計算機能まで利用できます。

価格差チェックだけでなく、出品者数やカート獲得率なども分析できるので、まだ使っていなかった人は試してみてください。

毎回同じ商品から始めている

毎回、同じ商品からリサーチを始める人も少なくありません。

同じ商品の場合、その先で取る行動パターンも同じになってしまいます。

「毎日リサーチしているのに利益商品が見つからない」と悩んでいる人に多いミスです。リサーチに費やす時間が長くても、利益商品を発掘できる機会は少ないでしょう。

新しい利益商品に出会うには、新しい商品をリサーチする必要があります。

慣れ親しんだ商品ばかり扱っても、生産的なリサーチはできません。毎回違う商品からリサーチを始めるようにしましょう。

商品リストにストックしていない

利益商品をリストとして保存していないと、いつになってもリサーチに時間がかかってしまいます。

儲かる商品リストを作っておくと、以下のようなメリットが得られます。

  • 過去に売れた商品からアイデアをもらえる
  • 1年後も売れる商品が分かる
  • ジャンルごとに特化して専門店化できる

また、仕入れを行う際も、まとめて買い付けできるので時短につながるかなと。

毎年売れる商品が分かれば、タイミングを見計らって大量仕入れできるでしょう。「花瓶が良く売れてるな」と気づいたら、複数の花瓶を仕入れて専門店のように見せることもできますよね。

商品リストがあるだけで、可能性が大きく広がるので必ず使うようにしましょう。

最も効率的なせどりのリサーチ方法は【セラーリサーチ】

今現在、せどりの商品リサーチで悩んでいる方は、セラーリサーチを極めてみてください。

セラーリサーチとは

利益商品を出品しているセラー(出品者)の、その他の出品商品をリサーチする方法。「利益商品を出品しているセラーは、他にも利益商品を出品している可能性が高い」という理論。

ここでは、セラーリサーチならではの効率的な要素を紹介します。

  • 稼いでいるセラーを参考にできる
  • ライバルが少ない穴場商品を発掘できる
  • ライバルの商品から派生させたリサーチができる

稼いでいるセラーを参考にできる

セラーリサーチは、実際にせどりで儲けているセラーを参考にできます。

  • どんなジャンルの商品か
  • どれくらいの価格帯か
  • 出品者数はどれくらいか

どんなセラーも何かしらの特徴を持っています。

異なる特徴のセラーを集めれば、稼いでいるせどらーを雇ったようなものです。様々な要素を分析できるので、あなたがセラーとして成長する際も役立つでしょう。

ライバルが少ない穴場商品を発掘できる

せどりの悩みのタネといえば値下げ合戦ですね。

値下げ合戦は、欲しい人の数よりも出品者の数が上回ることが原因で始まります。特に1つの商品ページ上でカートを奪い合うAmazonでは、頻繁に値下げ合戦が行われています。

この問題を防ぐには、ライバルにバレにくい穴場商品を見つける必要があるのです。

セラーリサーチをすることで、一見スルーされそうな利益商品に出会えることも。セラーを起点にリサーチするからこそ、普段見つけられないような商品を発掘できるとも言えます。

ライバルの商品から派生させたリサーチができる

セラーリサーチで見つけた利益商品の要素を分解すると、新しい利益商品を見つける時のヒントにできます。

  • メーカー・ブランド名
  • 型番・シリーズ
  • カラー・サイズ

例えば「エアジョーダン」からは、以下のようなキーワードを抽出できます。

  • ナイキ
  • ジョーダン
  • 赤・黒
  • バスケットシューズ

上記の要素を組み合わせて「ナイキのバッシュは売れるんじゃないか」や「バッシュに絞って、他のメーカーをリサーチしてみよう」など、派生するためのアイデアをピックアップできるのです。

何名かの儲かるセラーと派生力があれば、効率的に利益商品を見つけられるようになりますよ。

効率的なセラーリサーチがしたい人は【デイせど】が最適

効率的なセラーリサーチを、さらに効率化したい人に最適なのがデイせどです。

デイせどはAmazonせどりのセラーリサーチツール。

2015年にリリースされてから1,500人以上に利用されています。

僕自身、過去にいくつものAmazonリサーチツールを使ってきましたが、今でも使っているのはデイせどのみになりました。それくらい効果を実感できているツールです。

デイせどはこちら

デイせどでできること

デイせどは登録したセラーの「売れた商品」と「仕入れた商品」が丸わかりになります。

  • 売れた商品
    実際に売れているので、価格差があれば即仕入れて出品できる
  • 仕入れた商品
    新たな利益商品を見つけるきっかけになる

めちゃくちゃシンプルですが、これさえしっかり分かれば効率的に利益商品を見つけられます。

  1. 気になるセラーを登録
  2. 販売商品と仕入れ商品を定期的に抽出
  3. 利益商品なら仕入れて販売

上記3ステップを実行すればリサーチ完了。

非常に効率的かつ生産的なリサーチができるので、Amazonせどり実践者は活用してみることをおすすめします。

ちなみにデイせどには、あなたと同レベルくらいのセラーを登録しましょう。

なぜならレベルの高いせどらーは、独自の仕入れルートを持っている可能性が高く、仕入先が見つけにくいからです。同じレベルのセラーであれば、無理なく仕入れ先を見つけられるでしょう。

「デイせど」×「同レベルのセラー」で、超効率的な商品リサーチをしたい方は、下記記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

せどりで効率的なリサーチをするには、セラーリサーチとデイせどの活用がおすすめ。

手動でツールを使わずにリサーチしている人は、かなり時間を浪費している可能性があります。商品リストを作っていなかった人は、ぜひこの機会に作成してみてください。

僕自身、リサーチするためにツールを活用して仕組み化しています。

単純作業のリサーチだからこそ、雑務的な要素が強い行動はツールに任せて自動化するべきです。空いた時間は有効活用して、さらなる成果につなげましょう。

-ノウハウ
-