せどりまとめ

ジモティーのトラブル事例5つ:特徴を理解してトラブルを回避しよう

ジモティーを使ってみたいんだけど、口コミを調べたら結構トラブルがあるみたい。怪しい人の見分け方や、トラブルを未然に防ぐ方法があるなら教えて!

こんな疑問に答えます。

ジモティーは無料で様々な商品が手に入る反面、利用者同士のトラブルが起きやすいプラットフォームです。トラブルを未然に防ぐには、ジモティーの特性を理解することが大切かなと。

本記事では、ジモティーのトラブル事例と回避策をお届けします。

スポンサーリンク

ジモティーの特徴を理解しよう:トラブル防止

ジモティーは、物の譲渡だけでなく様々なサービスを提供しています。

  • ペットの里親探し
  • 婚活・街コンのメンバー探し
  • アルバイト・正社員の求人
  • 教室・スクールの募集
  • イベントの誘い

上記以外にも多種多様なサービスを扱っているのが特徴です。

「ジモティー=物販サイト」と思っていた人からすると、かなりのギャップを感じるでしょう。Amazonやメルカリのような立ち位置ではなく、人との繋がりを重視したサイトになっていることが分かります。

人との繋がりが増えるほど、人間関係のトラブルも増えるのが現実です。

特にジモティーの場合、女性ユーザーが6割を占めていることもあり、異性との出会いに期待している男性ユーザーも多いそう。縛りが少ないジモティーならではのトラブル要因になっています。

公式サイトでトラブルに関する情報をチェックできる

ジモティーでは最新のトラブル事例に関して、公式サイトから情報提供しています。

>>最近報告されている詐欺の特徴

主にジモティーで起こった詐欺手口について説明しています。具体的な手口や対応方法なども書いてあるので、事前に参考にしておくと良いでしょう。

また、過去にトラブルが報告されている口座情報も公開しています。

>>トラブルが報告されている振込先口座情報

トラブルを未然に防ぐためにも、公式サイトの情報も定期的にチェックしておきましょう。

ジモティーのトラブル事例5つ

ジモティーでよくあるトラブルをまとめました。

  • 商品が届かない
  • 取引場所に来ない
  • ドタキャン・音信不通
  • 怪しいビジネスへの勧誘
  • 女性に対する迷惑行為

商品が届かない

お金を払ったにも関わらず、商品が届かないトラブルです。

事前に代金を振り込ませておきながら、商品を発送しないパターンになります。ジモティーは個人間の銀行振込を禁止しているのですが、取引に慣れていない人は、相手の言いなりになってしまうケースも。

ジモティーの場合、メルカリやヤフオクと違い、相手と相談して取引の流れを決めるのが一般的です。

相手から「商品を発送する前に代金を振り込んでください」とか「決済完了を確認したら発送します」と言われても動じてはいけません。

商品の中身が違うトラブルもある

商品は届いたものの、中身がすり替えられていたトラブルも起きています。

  • 偽物にすり替え
  • 新品を中古品にすり替え
  • 本体を抜き取って発送

当然ながら、相手に連絡を取っても返答はありません。

多くの人が泣き寝入りしている面倒なトラブルです。

取引場所に来ない

取引場所に相手が来ないのもよくあるトラブルの1つ。

それまでは問題なく連絡が取れていたにも関わらず、取引場所に来なければ商品を受け取ることはできません。金銭的被害はないものの、気分は決して良くないでしょう。

ドタキャン・音信不通

ドタキャンや突然の音信不通などのトラブルも。

  • 取引当日にドタキャン
  • クレームをつけられて取引キャンセルされた
  • 商品について質問しても音信不通

取引相手によっては「当日現金の受け渡しはよくないので、事前に振り込んでいただけますか?」と前払いを要求されるケースも。

相手と連絡の取りようがない面倒なトラブルです。

怪しいビジネスへの勧誘

募集の掲示板で知り合った人や、不用品の受け渡しで、相手から怪しいビジネスに勧誘されるトラブルです。

最近のジモティーは、InstagramやTwitterでよくあるビジネスの勧誘が横行しています。マルチ商法や「楽して稼げる」系の募集がさり気なく行われているのです。

ビジネスに興味がないと伝えても執拗に説得してくる人もいるそうなので、捕まってしまうと面倒かなと。気の優しい人は、断りきれなくて物品を購入してしまった事例もあるそう。

怪しい雰囲気を感じたら、すぐに距離を取るようにしましょう。

女性に対する迷惑行為

女性の取引相手に対して、迷惑行為を行う男性利用者もいます。

高額商品を無料で出品している裏には「異性と出会いたい」という目的が隠されていることも。「ご自宅まで届けます」という誘いに乗ってしまうと、ストーカー被害に発展するリスクもあります。

ジモティーのトラブルの中でも、身の毛がよだつトラブルですね。

ジモティーのトラブルを回避する方法

前述したトラブルに遭わないための防止策をお伝えします。

  • 利用者の評価をチェックする
  • 個人情報はできる限り教えない
  • 1人で取引場所に行かない
  • あんしん決済機能を使う
  • あんしん取引保険に加入する

利用者の評価をチェックする

まずはじめに利用者の評価をチェックしましょう。

悪い評価が多い人や、評価自体がほとんどない人とは取引しない方が良いでしょう。悪い評価がある人には、何かしら問題点があるものです。評価が少ない場合、詐欺行為の常習者の可能性があります。

良い評価が多い人なら、取引にも慣れている可能性が高く安心できるでしょう。

評価が良くないものの魅力的な商品を出品している場合、商品を餌にして餌食を探しているかもしれません。信頼できる人とのみ取引するクセをつけてください。

個人情報はできる限り教えない

取引をする際は、できる限り個人情報を教えないようにしましょう。

  • LINE
  • 自宅の住所
  • 勤務先

上記のような個人情報を教えてしまうと、悪用されるリスクがあります。

詐欺目的でジモティーを利用している人は、言葉巧みにあなたの個人情報を引き出そうとしてくるものです。「ジモティーの掲示板以外で連絡を取ろう」と言われても、決して同意してはいけません。

しつこく要求された場合は、取引キャンセルやジモティー運営に相談するなど、しかるべき行動を取るようにしましょう。

1人で取引場所に行かない

取引場所へ行く際は、誰かと一緒に行くことをおすすめします。

特に女性と男性の取引の場合、相手に嫌がらせ行為をされる可能性があるため気をつけなければなりません。予め男性と一緒に取引場所へ行けば、トラブルを未然に防げるはずです。

人目につく場所を選ぼう

人が多い場所を取引場所にすることで、トラブルに発展する確率を下げられます。

相手から人気のない場所を指定されたら、人目につく場所へ変更するように連絡を取ってみてください。怪しい人間でなければ了承してくれるはずです。

決して自宅を教えたりしないようにしてくださいね。

あんしん決済機能を使う

ジモティーには、正常に完了した取引のみ売上金が受け取れる「あんしん決済機能」があります。

メルカリと同じように、購入者が受け取り評価しないと売上金が振り込まれない仕組みです。予めあんしん決済に対応した人に絞っておけば、ほとんどのトラブルを未然に防げるでしょう。

無料の商品の場合はこちらの方法を活用することはできません。

評価や本人確認が完了しているかなどをチェックして、信頼できる人とのみ取引するようにしましょう。

>>あんしん決済機能についてはこちら

あんしん取引保険に加入する

あんしん取引保険とは、ジモティーでトラブルに遭った際に、弁護士への相談費用を最大100万円まで保証してくれるサービスです。

料金は月340円(または年払い3,650円)で、ジモティーに登録している18歳以上の方が対象です。

取引の前後で起こりうるトラブルが対象なので、保険に加入しておくメリットは大きいかなと。毎月ジモティーで取引をするような方は、あんしん取引保険に加入しておくと良いでしょう。

>>あんしん取引保険についてはこちら

まとめ

ジモティーは特性上、トラブルを避けられないプラットフォームになっています。

大きな被害を受けないためにやるべきなのは、信頼できる人とのみ取引を行うことです。評価や本人確認済みかなどをチェックすることで、悪質な利用者と距離を置くことができます。

はじめての取引や高額商品を購入する際は、あんしん決済に対応している相手のみに厳選すると良いでしょう。

万が一のトラブルに備えて、あんしん取引保険に加入するのもおすすめです。ジモティーの利用頻度が高い人なら、たった月額340円で安心を手に入れることができます。

無料〜格安価格で商品がゲットできるジモティーを安全に利用して、せどりの売上げアップにつなげていきましょう。

-せどりまとめ