せどりまとめ

Amazon【小口出品に登録する方法】無料で始めたい初心者向け

2022年8月1日

Amazonに興味はあるものの「月額4,900円の大口出品は敷居が高い…」と悩んでいる人も少なくないでしょう。

 

特にせどり初心者にとっては、はじめにぶつかる壁の1つと言えます。「とりあえずAmazonの出品者になっておきたい」という人にとっても、小口出品は選択肢の1つになるはずです。

 

そこで、本記事ではAmazon小口出品の登録方法について解説します。

登録自体は10分以内に完了できるので、この機会にAmazonデビューを達成しちゃいましょう!
コータ

 

スポンサーリンク

Amazon【小口出品】とは

Amazonの小口出品について、基礎知識を身につけておきましょう。

  • 小口出品と大口出品の手数料を比較
  • 小口出品は稼ぎにくい
  • 小口出品が向いている人

 

小口出品と大口出品の手数料を比較

 

小口出品と大口出品では、かかる手数料が違ってきます。

大口出品 小口出品
月額 4,900円 無料
基本成約料 無料 100円/個

小口出品は月額費がかからないものの、商品が売れるたびに「基本成約料」として100円かかります。

 

大口出品は月額4,900円かかりますが、基本成約料は無料です。はじめてAmazonに登録する際に、誰しもがつまずくポイントかなと。

 

手数料の視点だけで判断するなら、月49個以上商品を売るかどうかで決めるのがベストです。

  • 月49個以上売る
    基本成約料がかからない大口出品に登録
  • 月49個以上売れない
    基本成約料はかかるが、大口出品の月額料よりも安く済むので小口出品に登録

ここだけ見ると「初心者だし、まず49個も売れないから小口でいいじゃん」と思いますよね。

 

小口出品は稼ぎにくい

 

しかし、Amazonで商品を売るためには「ショッピングカート」を獲得しなければなりません。

 

カートとは「カートに入れる」や「今すぐ購入」ボタンのこと。

Amazonを利用している人は、カートボタンをクリックして買い物するのが基本です。1つの商品ページに複数の出品者がいる場合、このカートを奪い合うことになります。

 

しかし、小口出品の場合、そもそもカートを取得する権利が与えられていないのです。

 

感の鋭い方ならもう分かったと思いますが、Amazonでは小口出品にすると商品が売れません。「稼げるまでは小口で…」と考えていると、いつまでも商品が売れない原因になってしまうのです。

 

初月からしっかり商品を売っていきたい場合は、大口出品に登録しましょう。

 

または、他の販路で稼げるようになってから、Amazonを利用しても良いかなと。月額4,900円を捻出できるようになるまでの間、小口出品にしておくのがおすすめです。

 

>>【せどりの販路】Amazon・ヤフオク・メルカリはどれがおすすめ?

 

小口出品が向いている人

 

小口出品が向いている人は「とりあえず出品アカウントを作っておきたい人」です。

イメージとしては、Amazonせどりを本気で取り組むつもりはそこまでない。しかし早い段階で出品アカウントだけは作っておきたい。

こんな感じの人は、とりあえず小口出品を作っておくと良いでしょう。

 

少しでも商品が売れる機会を増やしたい人は、迷わず大口出品にすることをおすすめします。

 

ちなみに「小口出品→大口出品」や「大口出品→小口出品」は、いつでも切り替え可能です。目的に合わせて、最適なプランを選択していきましょう。

 

Amazon小口出品の登録方法

ここからは、Amazon小口出品に登録する方法を紹介します。

手順に沿って小口出品登録にチャレンジしてみてくださいね。

  • 「小口出品サービスに登録する」をクリック
  • 必要事項の入力する
  • 本人確認を完了する

<事前に準備するべきもの>

  • 免許証 or パスポート
  • 取引明細書
  • クレジットカード
  • 銀行口座

 

「小口出品サービスに登録する」をクリック

 

まず、以下のリンクからAmazon公式サイトにアクセスしてください。

 

>>Amazon公式サイトはこちら

 

Amazonで売る」というページが表示されます。

 

すぐしたにある「さっそく始める」は、大口出品用のボタンです。小口出品は画面中央くらいまでスクロールしてください。

資料請求・お問い合わせ」の下に、小さく「小口出品サービスに登録する」と表示があるので、こちらをクリックしましょう。

Amazonアカウントのログイン画面が表示されます。

 

お手持ちのアカウント情報を入力してください。Amazonアカウントを持っていない人は「Amazonアカウントを作成」から新規で作っていきましょう。

必要事項の入力する

 

Amazonの指示に従って、必要事項を入力していきましょう。

 

業種を選択する

業種は「個人・個人事業主」を選択すればOKです。

 

氏名を正確に入力して「同意して続行する」をクリックしましょう。

 

出品者情報を入力する

出品者として必要な情報を入力します。

身元の証明」では免許証かパスポートのいずれかを選択してください。

 

ワンタイムパスワードの取得方法」は、かんたんに受け取れるSMSを選びましょう。電話番号を入力する際は「+81」の後に、はじめの「0」を抜いた携帯番号を入力します。

<例>

080-XXXX-XXXX」→「+8180-XXXX-XXXX

SMSをを送信する」をクリックして、手続きを完了させましょう。

 

クレジットカード情報を入力

基本成約料や商品販売にかかった手数料は、ここで登録したクレジットカードに請求されます。

 

カード所有者とアカウント登録者の名前が一致するようにしてください。本人以外のカードはアカウント登録を拒否される原因になります。

 

正しいクレジットカード情報を入力して「次へ」をクリックしましょう。

 

ストア情報を入力

Amazonのストア名(店名)を入力します。

 

ストア名の決め方については、下記記事を参考にしてみてください。

 

>>【売上はAmazonの店名に左右される!】売れる店名にするポイント

 

「すべての商品にUPC/EAN/JANコードは付いていますか?」
「Amazonでの出品を希望する商品のメーカーまたはブランド所有者ですか?」

上記2つの項目は、どちらも「いいえ」を選択すればOKです。

 

次へ」をクリックして、ストア名の入力を完了させましょう。

 

本人確認を完了する

本人確認には、以下2種類の書類が必要です。

  • 運転免許証 or パスポート
  • 過去180日以内に発行された各種取引明細書

 

運転免許証 or パスポート

 

本人確認のメインになる書類です。

 

セラーセントラルに登録する情報と同じ氏名であること。有効期限内であることをチェックしましょう。スマホやデジカメで撮影した画像、またはスキャンしたデータを提出します。

 

過去180日以内に発行された各種取引明細書

 

以下3つの書類のいずれか1部を提出してください。

  • クレジットカードの利用明細書
  • インターネットバンキング取引明細*
  • 預金通帳

スクショではなく、公式サイトからダウンロードしたデータが必要です。

 

ファイル形式は「.png, .tiff, .tif, .jpg, .jpeg, .pdf.」のみ対応しています。CSVファイルはNGなので注意しましょう。

 

詳しい条件については、Amazon公式サイトを確認して最新の情報をチェックしてください。

 

>>本人確認の必要書類をチェックする

 

全ての手続きが完了すると、3営業日ほどでAmazonから審査結果の通知メールが届きます。

これでAmazonの小口出品に登録完了です。

 

銀行口座も登録しておこう

最後に売上金の振込先口座を登録しておきましょう。

 

Amazonセラーセントラルのトップページから「設定」→「出品用アカウント情報」をクリックしてください。

支払情報」の中にある「銀行口座情報」をクリックします。

口座情報が入力できたら、小口出品に必要な登録手続きは全て完了です。

 

まとめ

Amazonの小口出品は、とりあえず出品者に登録したい方に最適かなと。

 

商品をしっかり売りたい人は、大口出品一択です。月額費をかけずに出品アカウントを作成したい人は、小口出品で登録すると良いでしょう。

 

登録には免許証かパスポートが必要です。クレジットカードや取引明細書も予め用意しておくと、スムーズに手続きを完了できます。

 

大口出品と小口出品の切り替えはいつでも可能です。

目的に合わせて最適なプランを選択していきましょう。


-せどりまとめ
-