せどりまとめ

古物商許可は中古品せどりに絶対必要!申請の流れをかんたんに解説

悩める人
せどりには古物商許可が必要って聞いたけど本当?許可を取らずにせどりをしたらペナルティを受けるのかな?古物商許可を申請する方法も合わせて知りたい!

こんな疑問に答えます。

 

結論から言ってしまうと、古物商許可は中古品せどりに必須です。

 

副業・本業とわず、マジメにせどりに取り組むなら早めに取得しておくべき許可証と言えます。

本記事では、古物商許可の申請方法や費用などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

古物商許可とは:せどりに与える影響は?

古物商許可の基本情報を解説します。

「古物」に該当する商品とは

そもそも古物とは「一度消費者の手に渡った物」と定義されています。

  • 使用目的で購入された商品
  • 買ったものの未開封の新品
  • 上記の商品に修理や改造を加えた物

「古物=中古品」と考える方が多いですが、未開封の新品でも小売店から消費者の手に渡った時点で古物になる点に注意してください。

古物商許可が適用される条件

次の条件に当てはまる場合、古物商許可が必要になります。

  1. 売買する品物が古物商の対象物になっているか
  2. 有料で仕入れ+利益目的で何度も取引しているか

1つ目の「古物商の対象物」についてですが、せどりで扱うほぼ全ての商品が対象です。

 

2つ目は「せどり=稼ぐため」なので、せどらーはもれなく条件に当てはまります。

 

除外されるケースとしては、不用品や無料でもらった品物を販売した場合です。

例えば、メルカリで個人が不用品を処分するために出品したものは対象外になります。

商売として出品していると判断されるケースも

注意点としては、不用品の処分であっても商売(営利目的)と判断されるケースがあることです。

  • 出品数・取引数が膨大
  • 同じ商品を複数出品している

かんたんに言うと、商売っ気がある出品者は古物商許可が必要になります。

 

ジャッジするのはあくまでも警察側なので、稼ぐ目的で出品するなら事前に古物商許可を取得しておいた方が安心です。

許可を取らないと厳しい罰則を受ける

古物商許可を取らずに対象商品を販売すると、次の罰則が科せられます。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金

場合によっては、懲役と罰金の両方の罰則を科せられるケースもあるそうです。

 

Amazonやメルカリの出品アカウントを停止されるリスクもあります。

安全にせどりで稼ぐためにも、古物商許可は取得しておくべきと言えるでしょう。

中古せどりに必須の古物商許可を取得する流れ

古物商許可の概要
費用 19,000円(税抜)
取得期間の目安 書類提出から40日ほど
申請場所 警察署(防犯化)

古物商許可にかかる費用は税抜19,000円で、問題なければ書類提出から40日ほどで許手続きが完了します。

 

手続きの流れは次の通りです。

古物商許可を取る流れ

  • 申請書類に記入
  • 必要書類を揃える
  • 上記2点を警察署へ提出

古物商許可の申請書類は、警視庁のHP、または近くの警察署でもらえます。

 

特に難しい記入事項はありませんが、警察署であれば担当者に質問できるのでおすすめです。

申請に必要な書類

古物商許可に必要な書類は次の通りです。

  • 略歴書
  • 住民票の写し(本籍記載のもの)
  • 誓約書
  • 身分証明書

上記の書類は必ず必要になるので、申請をする前に準備しておくと良いでしょう。

警察署に連絡しておくとスムーズ

古物商許可を申請する際は、事前に警察署へ連絡しておくと凡ミスを最小限にできます。

必要な書類や記入方法などもアドバイスしてもらえるので、ぜひ協力してもらってくださいね。

古物商許可が得られない人の条件

以下の条件に当てはまる方は、残念ながら古物商許可を取ることができません。

  • 自己破産中の方
  • 禁固刑以上の罰を受けた方
  • 暴力団や関係者など
  • 住民票に記載された住所に住んでいない方
  • 過去に古物営業法違反した方
  • 古物商許可を返納して5年以内の方
  • 古物商業務を正常にできない方
  • 未成年の方

上記に当てはまらない方は、問題なく許可を取得できるでしょう。

 

古物商許可が取得できるか心配な方は、事前にお近くの警察署へ問い合わせてみてくださいね。

「古物商許可×せどり」でよくある疑問

古物商許可とせどり関連でよくある質問をまとめました。

  • 古物商許可を持たないせどらーがいるのは何で?
  • 手続きを誰かに依頼する方法はある?
  • 古物商許可を取れないとせどりで稼げない?

 

古物商許可を持たないせどらーがいるのは何で?

ほとんどのせどらーが必要な古物商許可ですが、実際全てのせどらーが持っているかといえばそうでもありません。

 

古物商許可を取得しないまま、中古品を堂々と販売するせどらーがいるのには次のような理由と背景があります。

  • 不用品として出品している
  • 古物商許可の存在を無視している

出品者が不用品として出品している場合、古物商許可には該当しません。

 

Amazonやメルカリなどの販路が、古物商許可がない出品者を取り締まれない大きな理由はここにあります。

また、そもそも古物商許可の存在を無視しているせどらーもいるでしょう。

 

現実的な話をすれば、全てのせどらーに古物商許可の有無を確認するのは不可能です。

 

そのため「古物商許可がなくてもバレないから大丈夫」と考えるせどらーも沢山います。

しかし、前述した通り、許可を取らずに販売行為をするのは犯罪です。

 

安全かつ安心してせどりを行っていくためにも、古物商許可は早めに取得しておきましょう。

手続きを誰かに依頼する方法はある?

古物商許可の申請が面倒な方は、行政書士に依頼することも可能です。

 

代行費用の相場はだいたい3〜6万円ほど。

Googleで「古物商許可 代行」と検索すれば、代行を請け負っている行政書士が沢山ヒットします。

 

サービス内容や費用などを比較して、あなたに合った行政書士へ依頼すると良いでしょう。

古物商許可を取れないとせどりで稼げない?

古物商許可があるに越したことはありません。

しかし、何かしらの理由で許可が得られなくても、新品を扱えばせどりは行なえます。

 

古物商許可が必要なのは、あくまでも中古品や未開封品です。

例え新品せどりに限定されたとしても、工夫次第でいかようにも稼げます。

 

「古物商許可が取れなかった…」と落ち込んで、せどりを諦める必要はありません。

 

あなたならではの戦略を立てて稼げる道を見つけてみてくださいね。

古物商許可を取って安全なせどりを

古物商許可は、中古品や未開封品で稼ぎたい全てのせどらーに必須の許可証です。

 

取得に関するハードルは決して高くありません。

税抜19,000円の費用も「健全にせどりで稼げる」と考えれば、決して高くないでしょう。

 

手続きが面倒な方は、行政書士に代行してもらうことも可能です。

古物商許可があれば、安心して中古品を扱えます。

 

せどりで長く稼いでいきたい方は、早めに古物商許可を取得しておきましょう。

参考記事
【必見】せどりの確定申告のやり方:業種・経費・期限などを徹底解説

メールマガジン【俺せど通信】

毎日18時に届く、副業で継続的に10万円稼ぐノウハウ

現役で稼ぎ続けているコータが
実際に仕入れて売った商品を実例に
すぐに真似して稼げる情報をお届けします!

今だけ、メルマガ登録で1時間の個別zoom相談をプレゼント!

メルマガの登録はこちら

-せどりまとめ
-, , ,

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで