“merumagaue”

ノウハウ

【せどりとトレードを徹底比較】利益・難易度・リスクの違いを解説!

人気の副業として例に出やすいせどりとトレード。

しかし、せどりとトレードは本質的に全く異なるビジネスなのです。

  • せどり:事業者として稼ぐ
  • トレード:投資家として稼ぐ

本記事では、せどりとトレードを徹底比較しつつ「副業におすすめなのはどちらか」を解説します。

 

スポンサーリンク

せどりとトレード:利益の比較

せどりとトレードの利益面について比較してみましょう。

  • せどりの利益率は20〜50%くらい
  • トレードの利益率は10〜20%くらい
  • 収入の安定性はせどりに軍配が上がる

 

せどりの利益率は20〜50%くらい

 

せどりの利益率は20〜50%くらいです。

  • 新品:15〜25%くらい
  • 中古:25〜50%くらい

大体は上記のような感じになるかなと。

 

中には定価以上の価格に高騰する「プレミア商品」もあります。

>>【ガチ】Amazonにあるプレミア商品の探し方!無料かつ簡単です★

また、卸問屋と契約することで利益率を安定させることもできます。

>>【安定】卸問屋仕入れでせどりの価格競争から抜け出す方法:個人OK

 

トレードの利益率は10〜20%くらい

 

トレードの利益率は10〜20%くらいです。

 

どんなトレードをするかにもよりますが、大体は上記のようなイメージかなと。

レジェンドの投資家「ウォーレン・バフェット」でさえ、利益率20%と言われています。

 

トレード初心者の場合、利益率1%を切ってしまう人もいるでしょう。

 

また、税金面でも注意点があります。

  • 副業:50%
  • 本業:20%

副業と本業のトレーダーを比較すると、上記のように税金面で違いが出てくるんです。

 

大きく稼げるイメージが強いトレードですが、実際は条件がかなり厳しいと思っておいた方が良いでしょう。

 

収入の安定性はせどりに軍配が上がる

 

安定的に収入を得られるのはせどりです。

 

なぜなら、せどりの方がリスクヘッジしやすいから。

  • 幅広い商品を扱う
  • プレミア商品で赤字を補填
  • 中古品で利益率を上げる

例え、赤字になってしまった商品があっても、その他の商品で補填できるんですね。

 

トレードはベットした金額を全て失うリスクがあります。

常に変動し続ける市場を読みつつトレードをするのは、初心者にはハードルが高いです。

 

長く安定して稼ぎたいなら、せどりを実践した方が良いでしょう。

 

せどりとトレード:難易度の比較

せどりとトレードの難易度を比較してみましょう。

  • 知識
  • 経験
  • 資金
  • メンタル
  • 再現性

 

知識

 

知識面を比較してみました。

せどりはシンプルな仕組みで分かりやすい

 

せどりは「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルです。

  • 売れそうな商品をリサーチ
  • 相場よりも安く仕入れられるショップを検索
  • 仕入れた商品を転売

稼ぐ仕組みがとても分かりやすいので、知識がそこまでなくても行動力でカバーできます。

 

僕自身も副業せどりを始めたばかりの頃は、徹夜でリサーチして稼げるようになりました。

商品知識もリサーチしていれば自然と身についてくるかなと。

 

トレードは緻密な分析スキルが必要

 

トレードは緻密な分析ができるだけの知識が必要になります。

  • 商品の性質
  • 社会情勢の動き
  • 取引所の条件
  • 人の心理
  • 過去の指標

上記の通り、トレードで稼ぐには様々な知識を身につけなければなりません。

 

お金の動きに対して幅広い知識が必要です。

感覚でトレードをすると、大損する可能性があるので十分注意してください。

 

知識面を比較すると、トレードよりもせどりの方がハードルが低いと言えるでしょう。

 

経験

 

経験面を比較してみました。

 

せどりは経験を活かして大きく稼ぎやすい

 

せどりは経験値を貯めていくことで、次の仕入れに活かすことができます。

  • 季節商品
  • ショップの決算セール
  • 毎年儲かっている商品の傾向

せどらーとして経験を積むほど、より稼ぎやすくなるってことです。

 

失敗経験を次の行動に活かしやすいので、長期的に取り組むほど強いせどらーになれるでしょう。

 

トレードは経験から読めない部分も多い

 

トレードは経験値だけでは測れない要素があります。

 

過去の経験から判断してしまうと、逆に負ける確率を高めてしまうのです。

  • NG例:過去の経験をもとにジャッジ
  • OK例:常に冷静でフラットに市場を見る

経験を活かしてビジネスをしたいなら、せどりで稼ぐことをおすすめします。

 

資金

 

資金面について比較していきましょう。

 

せどりはトレードと比較して小資金でOK

 

せどりは商品を仕入れるために資金が必要です。

 

小さく始めたい方は月5万円ほどあればOKかなと。

現金がない方は、クレジットカードでも仕入れできます。

 

また、不用品を転売して仕入れ資金を稼ぐことも可能です。

>>【初心者必見】副業せどりで資金ゼロから利益を生み出す方法とは?

 

トレードは資金があるほどリスクが低くなる

 

トレードは資金があるほど稼ぎやすくなります。

 

例えば、月10万円稼ぎたいとしましょう。

 

資金が50万円と500万円ではどちらが稼ぎやすいでしょうか?

当然ながら、月500万円使える資金があった方が稼ぎやすいです。

 

「明日のお金に困っている」という目的で副業を始めたい方には、トレードをおすすめできません。

お金が潤沢にある人には挑戦する価値があるでしょう。

 

メンタル

 

メンタル部分を比較しましょう。

 

せどりは地道な作業から来るストレスがある

 

せどりはリサーチや出荷など、地道な作業が多いです。

淡々と作業している中で、儲かる商品が見つからないとストレスを感じます。

 

また、以下のようなストレスも。

  • 購入者からのクレーム
  • 仕入先との交渉
  • 販路からペナルティを受ける

対人関係のストレスは、現実社会と比較すれば優しい方です。

 

「絶対に利益商品を見つけてやる!」という強い覚悟を持って行動すれば、着実に稼げるようになりますよ。

 

トレードは金銭的なストレスが大きい

 

トレードは「どうなるか分からない」というストレスが常につきまといます。

 

冷静に市場を分析して大金をベットするため、強いメンタルが必要です。

トレードを始めて、精神的に病んでしまった人の事例もよく目にします。

 

お金を失うとメンタルをやられてしまうので注意してくださいね。

 

再現性

 

再現性を比較してみましょう。

 

せどりはダントツに再現性が高い

 

せどりは商品が売れれば儲かるので、誰がやっても稼げる可能性があります。

 

例えば、PS5をあなたが売ろうがヤマダ電機が売ろうが、欲しい人からしたらほぼ変わりませんよね。

人気かつ売れる商品を安く仕入れて転売するだけです。

 

誰が実践しても稼げる可能性が高いのは、せどりの最大の魅力かなと思います。

 

トレードの再現性はほぼないに等しい

 

トレードは「前回儲かった方法」が適用できないのがネック。

 

ちまたには「〇〇トレードで〇〇万円稼いだ方法」などの有料教材が出回っていますが、実際はニセ情報なことがほとんどです。

本気で市場を分析すれば、自分自身の勝ちパターンを見いだせるとも言われますが、その難易度は非常に高いかなと。

 

再現性の観点からすると、圧倒的にせどりに軍配が上がるでしょう。

 

リスク

 

せどりとトレードのリスク面を比較してみましょう。

 

せどりはいくらでもリスクヘッジできる

 

せどりは価格競争による赤字や、商品が売れずに不良在庫になるリスクがあります。

 

しかし、上記2点は次の行動でリスクヘッジ可能です。

  • 価格競争:多数の商品で赤字をカバー
  • 不良在庫:損切り→次の仕入れで回収

価格競争になる商品は少なからずあります。

 

そんな時のために、多数の商品を扱って赤字をカバーすれば問題ありません。

不良在庫については、早めに損切りして資金を回収します。

 

回収した資金で商品を仕入れて黒字化すればOK。

商品リサーチがしっかりできていれば、大損するリスクはほぼないと言えるでしょう。

 

トレードは感情が最大のリスクになる

 

トレードは自身の感情が最大のリスクになります。

  • まだ伸びそうだから放置しよう
  • 負けそうだから抜いておこう
  • 勝てなそうだから少ない金額だけ投資しよう

上記のように感情が邪魔をすると、その分稼げなくなってしまうのです。

 

常に冷静に分析しつつ、ここぞという時は大きな決断をする必要があります。

感情に任せてしまうと、大損したり大きく稼げないリスクを上げてしまうでしょう。

 

稼ぎやすいのはトレードよりせどりがおすすめ!

Man takes photo on smartphone of used clothing for resale

結論、これから副業を始める方には、トレードではなくせどりをおすすめします。

  • 再現性
  • 即金性
  • 金銭的リスク

上記の要素を比較すると、せどりはトレードよりも取り組みやすいと言えるはず。

 

トレードは潤沢な資金と冷静に市場を分析できるメンタルが必要。

だからこそ、まずはせどりでしっかり稼ぐ方をおすすめします。

 

せどりで十分稼げるようになったら、売上の一部をトレードに投資すると良いかなと。

このブログでは、せどりに関するノウハウをたくさん発信しています。

 

せどりに少しでも興味がある方は、ぜひ本ブログを参考にしてみてくださいね!

参考記事
せどりのやり方を5ステップで解説!初心者から稼ぐまでのロードマップ

“merumagasita”


“kikakukijisita”

-ノウハウ
-