“merumagaue”

ツール

せどらーにFAXは必要?結論【メーカー・卸で稼ぐなら必須です】

2022年4月27日

物販業であるせどりは、時にFAXを利用するシーンが出てくるものです。

特に大きく稼ぎたいせどらーにとって、FAXは必須ツールになるかなと。

 

本記事では、FAXが必要になるシーンやスマホから送受信できるおすすめのサービスについて紹介します。

 

スポンサーリンク

せどらーにFAXが必要なシーンとは?

せどらーにFAXが必要になるシーンは、メーカーや卸業者との取引です。

 

僕自身、メーカーや卸業者から仕入れることがありますが、注文をFAXで受け付けている業者は珍しくありません。

キャンペーン情報をFAXで送る業者もいます。

 

メーカーや卸からすると、FAXを持っているのは業界標準なんです。

契約を交わす際も、FAXを持っていなければ審査に通らないケースさえあります。

 

FAXと聞くと「一昔前のツール」に感じますが、物販業ではまだまだ健在です。

スムーズに取引契約を交わしたいなら、事前にFAXを準備しておきましょう。

 

>>【第十一回】コータの成長期:メーカー・卸仕入れでせどりから物販へ!

 

せどらーのFAXは【eFAX】がおすすめ!

これからFAXを導入するせどらーさんには、eFAXがおすすめです。

 

>>eFAX公式サイトはこちら

 

eFAXはスマホから送受信ができるインターネットFAXサービス。

  • 全国すべての市外局番をカバー
  • 専用のスマホアプリで送受信できる
  • 印刷の必要がない

上記の通り、インターネットのメリットを最大限に活かしたFAXになっています。

 

あなたがFAX機器を購入する必要はありません。

登録が完了したら、以下のスマホアプリからすぐにFAXの送受信が可能になります。

eFax (イーファックス) – Fax送受信アプリ

eFax (イーファックス) – Fax送受信アプリ

j2 Global, Inc.無料posted withアプリーチ

 

eFAXの料金プラン

 

eFAXの料金プランは次の通りです。

登録料 料金 受信・送信料 支払い方法
1,100円 <月払い>
1,980円/月
<年払い>
19,800円/年
月150枚まで送受信無料
151枚以降11円/1枚
クレジットカード
銀行振込
口座振替

月払いの場合、初月に3,080円がかかります。

 

以降、月1,980円を支払えば、送受信がそれぞれ150枚まで無料で行える仕組みです。

月150枚も送受信することはほぼないので、月額料金のみでFAXを導入できるかなと。

 

支払い方法もクレカ、銀行振込、口座振替に対応しているので困ることはないでしょう。

 

eFAXのメリット

 

eFAXのメリットをまとめました。

  • スマホでFAXの送受信ができる
  • FAXのコストを削減できる
  • デジタル上でファイルを管理できる

eFAXは、FAX機器を持たずに送受信ができるメリットがあります。

 

用紙やインクを購入する必要がないので、コストを最小限に抑えられるんです。

インターネットFAXというだけあり、送受信したファイルをデジタル上で保管できるのもメリット。

 

Eメールのような感覚でFAXの送受信ができるのが特徴です。

 

eFAXのデメリット

 

eFAXのデメリットは以下の通りです。

  • 料金がかかる
  • フリーダイヤルには遅れない

eFAXは当然ながら料金がかかります。

 

しかし、月額1,980円でFAXを利用できるなら、コスパはめちゃくちゃ高いかなと。

メーカーや卸から仕入れを始めれば、余裕でもとは取れますからね。

 

また、eFAXはフリーダイヤルやナビダイヤルへの送信に対応していません。

とは言え、業者のFAX番号はフリーダイヤルではないので問題ないです。

 

結論、デメリットはほぼないので、気になる方は試しに1ヶ月利用してみると良いでしょう。

 

>>eFAX公式サイトはこちら

 

eFAXの始め方

eFAXの登録方法や始め方をまとめました。

  • 公式サイトから申し込み
  • 必要事項を入力
  • eFAXからFAXを受信

まずはeFAXの公式サイトにアクセスして「お申込カンタン 2分でお申込み」をクリックしましょう。

 

>>eFAX公式サイトはこちら

次に登録に関する必要事項を入力していきます。

  • 料金プラン
  • FAX番号
  • 個人情報

上記の情報を入力して申し込みを完了しましょう。

申し込みが完了したら、本人確認を行います。

 

eFAXから届いたメールに記載されているURLにアクセスして、本人確認書類をアップロードしましょう。

 

照合が完了するとeFAXからテストして、FAXが送信されてきます。

この時点から、eFAXを利用可能です。

 

eFAXの送信方法

 

eFAXからFAXを送信する方法は以下の通りです。

  • eFAX公式サイトのマイページから
  • Eメールソフトから
  • 専用アプリから

どれを選択しても使い方はほとんど変わりません。

 

感覚としてはEメールの送信と同じイメージです。

迅速に送受信ができるのはスマホアプリかEメールになります。

 

操作に悩むことはほとんどないので、試しに何件か送ってみると良いでしょう。

 

eFAXに関するよくある質問

eFAXに関するよくある質問をまとめました。

  • 複数のメールアドレスで受信できる?
  • eFAXの解約方法は?
  • FAXの受信は通知される?

 

複数のメールアドレスで受信できる?

 

はい。1つのFAX番号につき、最大5つのEメールアドレスで受信できます。

 

追加料金はかかりません。

チームでせどりを運営している方は、複数のEメールアドレスを設定しておくと良いでしょう。

 

eFAXの解約方法は?

 

eFAXの解約方法は電話のみとなっています。

  • 電話番号:0120-914-915
  • 営業時間:平日9:00〜18:00
  • 休日:土日祝日

解約にかかる時間は5分ほど。

  • 指名
  • FAX番号
  • PINコード
  • 解約理由

上記を聞かれるので、事前に手元に用意してから電話するようにしましょう。

 

FAXの受信は通知される?

 

はい。スマホの通知をオンにしておけば、FAXを受信した際に通知されます。

 

Eメールの通知がオンになっていれば、同様に通知される仕組みです。

重要なFAXが届く可能性もあるので、通知をオンに設定しておきましょう。

 

まとめ

これからメーカーや卸業者との取引を考えているせどらーさんは、事前にFAXを用意してから交渉に入りましょう。

 

eFAXを使えば、スマホのみでFAXの送受信が可能になります。

本体を購入する必要なく、月150枚ずつ送受信ができるのは大きなメリットになるはず。

 

印刷代やインク代の心配もありません。

デジタル上でFAXのファイルを閲覧可能です。

 

今まで気になっていたものの、FAXを導入していなかったせどらーさんは、この機会にeFAXを使ってみてはいかがでしょうか?

 

>>eFAX公式サイトはこちら

“merumagasita”


“kikakukijisita”

-ツール