ノウハウ

NETSEAせどりの稼ぎ方:仕入れのコツを理解して売上アップしよう

2022年8月24日

悩める人
小売店からじゃなくて卸から仕入れてみたい…

上記のように考えた時、最もかんたんに取引を始められるのがNETSEAかなと。物販業者も普通に利用するNETSEAは、ワンランク上のせどらーになるキッカケにもなるでしょう。

 

しかし、手軽に利用できるサービスだからこそ、注意するべきポイントもあるんです。

 

本記事では、NETSEAせどりの稼ぎ方について解説します。

 

スポンサーリンク

NETSEAとは?

NETSEA(ネッシー)とは、小売店と問屋(卸)を繋ぐサービスです。

 

卸問屋の登録数は4,000社以上。個人のせどらーでも利用できるサービスで、国内最大級の卸専門サイトになっています。

 

NETSEAで販売されている商品は、バイヤー登録しないと見れません。クローズドなサイトになっているのも、卸サイトならではと言えるでしょう。

 

小さな業者から大きな企業まで、様々なサプライヤーがいるので、せどらーにとっては仕入れ先を見つけられる格好の場になっています。

 

無在庫転売に対応

 

NETSEAは無在庫転売(ドロップシッピング)できる貴重な仕入れ先です。

無在庫転売とは、在庫を持たずに出品→商品が売れたら卸へ注文→卸から購入者に発送という流れで販売する方法です。
仕入れる必要がないため在庫を抱えるリスクがありません。

多くの販路では無在庫転売を禁止していますが、自分でネットショップを作って無在庫転売することはできますよね。せどりを始めた当初から独自ショップを運営していると、将来的にノウハウを蓄積できるかなと。

 

NETSEAに登録しているサプライヤーの多くが無在庫転売をOKとしています。

せどらーとして、稼ぐ可能性を広げられるのは間違いありません。

 

仕入れ会員登録の条件

 

NETSEAの仕入れ会員になるための最低条件は以下の通りです。

  • 法人、個人事業主、開業準備中の人
  • 営利目的の仕入れであること
  • 日本国内に住所がある人

個人事業主の開業届を出していない方は「開業準備中」に該当します。

 

副業せどらーは開業準備中として登録すれば問題ありません。
稼ぐことを目的とした仕入れであることは、全てのせどらーがクリアしています。

 

国内の住所は誰でも持っているはずなので、実質せどらーなら全員条件を満たしていると言えるでしょう。

 

NETSEAせどりのメリット・デメリット

NETSEAせどりのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

・無料で使える

・様々な卸と繋がれる

・定期的にセールが開催される

デメリット

・ライバルが多い

・サポートは期待できない

 

メリット①無料で使える

 

NETSEAは完全無料で使えるのがメリットです。

 

条件さえ満たせば誰でも登録できます。NETSEAで販売されている全ての商品をチェックできるので、可能性を一気に広げられるでしょう。

 

メリット②様々な卸と繋がれる

 

NETSEAは商品だけでなく、仕入れ先と繋がれるのがポイントです。

 

卸業者と繋がると、おすすめ商品や注目の商品の発売日など、儲かる情報を共有してくれます。小売店では得られない情報をキャッチできるのが魅力です。

 

メリット③定期的にセールが開催される

 

NETSEAでは、定期的にセールイベントが開催されています。

 

ゲリラ的に開催されるセールなどもあり、卸サイトというよりショッピングサイトに近い感覚で利用できるのが特徴です。クーポンも併用すれば通常時よりも低価格で仕入れられます。

 

デメリット①ライバルが多い

 

NETSEAはライバルが多いデメリットがあります。

 

せどらーなら誰でも登録可能なので、その分ライバルも増えます。すぐに見つけられる商品は、価格競争にもなりやすいです。ライバルを意識した商品リサーチが大切になります。

 

デメリット②サポートは期待できない

 

NETSEAは卸と買い手でトラブルが起きた際、サポートに入ってくれません。

 

基本的に問題が起こったら当事者で解決する必要があります。そのため、信頼できる卸から仕入れることも重要です。全ての卸から安心して購入できるわけではない点に気をつけてください。

 

NETSEAせどり:賢く仕入れるコツ

NETSEAせどりの仕入れのコツについて見ていきましょう。

  • 在庫数の少ない商品をチェックする
  • 卸の担当者と仲良くなる
  • 在庫を買い占めて独占販売する
  • サプライヤーとしても登録しておく

 

在庫数の少ない商品をチェックする

 

在庫数の少ない商品は、ライバルが群がるリスクを軽減します。

 

多少、利益率が低くてもライバルが少ないなら、自分から売れる確率を最大化できるはずです。ニッチなジャンルの商品は、卸自体が在庫を多く抱えません。

 

在庫をチェックする際は、購入数に「9999」と入力すると、正確な在庫数が表示されます。

ライバルと差別化するために、あえて数に限りがある商品を仕入れる視点も忘れないでくださいね。

 

在庫を買い占めて独占販売する

 

何度かテスト販売して、安定して売れることが分かった商品は、卸から買い占めてしまうのも1つの戦略として有効です。

 

卸側からすると、在庫を素早く売り切るメリットが。せどらー側からすると、ライバルの参入を防いで独占販売できるメリットが得られます。

 

在庫を買い占める際は、他の卸が同じ商品を扱っていないかチェックしましょう。同じ商品がNETSEA上にあると、ライバルが参入できてしまうので注意してください。

 

卸の担当者と仲良くなる

 

NETSEAを使う際は、卸の担当者と仲良く仲良くなる努力をしましょう。

 

各会社の担当者と繋がっておけば、様々なメリットが得られます。

  • 人気商品の在庫を確保してくれる
  • おすすめの商品情報
  • おすすめの仕入れ先情報

同じショップから何度か商品を仕入れたら、積極的に連絡をとってみてください。

 

オンライン上では得られない情報がゲットできますよ。

 

サプライヤーとしても登録しておく

 

バイヤー(仕入れ会員)としてだけでなく、サプライヤーとして登録するのもおすすめです。

 

なぜなら、サプライヤーになれば、あなた自身がNETSEAで出品できるから。NETSEAで出品されている商品を、より安い価格で仕入れられるなら稼げちゃいます。

 

バイヤーは全ての価格を閲覧できるのに対し、サプライヤーは各業者の値段を確認できません。サプライヤーとバイヤーの両方に登録することで、より多くのメリットが得られるようになります。

 

NETSEAに登録する方法

NETSEAに登録する方法を見ていきましょう。

 

はじめに下記リンクからNETSEAにアクセスしてください。

 

>>NETSEAはこちら

 

仕入れ会員登録する」をクリックします。

下へスクロールすると、入力項目が出てきます。

 

指示に従って正確に入力してください。

全ての項目が入力できたら「会員規約に同意する」→「確認画面へ」の順でクリックしてください。

入力内容を確認したら「契約に同意して登録する」をクリックしましょう。

 

数分以内にNETSEAから確認メールが届きます。

このURLをクリックして登録が完了です」をクリックすると、全ての登録作業が完了します。

 

新しい仕入れ先を開拓していきましょう。

 

まとめ

NETSEAは、せどらーにとって利用価値の高い仕入れ先です。

 

ライバルが多いデメリットはあるものの、アイデアを発展させれば独占的な仕入れも可能です。せどりだけでなく、独自ショップでドロップシッピングする際も強力な仕入れ先になるでしょう。

 

仕入れのコツは以下の通りでしたね。

  • 在庫数の少ない商品をチェックする
  • 卸の担当者と仲良くなる
  • 在庫を買い占めて独占販売する
  • サプライヤーとしても登録しておく

差別化を意識して仕入れを行うのがポイントになります。

 

NETSEAを通して、せどりの新たな金脈を見つけていきましょう。

-ノウハウ
-