せどりまとめ

せどりは在庫数ではなく原価をチェックするべき話:回転率を意識せよ

悩める人
せどりで扱う商品の在庫はどれくらい持つのが良いのかな?目標月収を達成するための在庫数を計算する方法も知りたい。

こんな疑問に答えます。

 

せどり初心者なら「在庫数はどれくらいがベストなのかな?」と素朴な疑問を抱くでしょう。

この疑問には次のような真意があるかなと。

  • 利益を安定させたい
  • 在庫数から大体の利益を計算したい
  • 少ない資金でなるべく多く稼ぎたい

上記を満たすには、在庫数だけではなく視野を広く持たなければなりません。

 

そこで本記事では、せどりの在庫数目安や平均利益率の計算方法をお伝えします。

スポンサーリンク

せどりは在庫数ではなく原価をチェックするべき話

結論、せどりは在庫数ではなく原価をチェックするべきです。

 

理由は以下の通り。

  • せどりの在庫には優良と不良の2種類がある
  • 在庫を抱えるメリット
  • 在庫数の目安は仕入額の1.5〜2倍くらい

 

せどりの在庫には優良と不良の2種類がある

まず、在庫には「優良在庫」と「不良在庫」の2種類があります。

優良在庫

優良在庫とは、かんたんに言うと「売れる商品の在庫」です。

 

利益率・回転率がともに良く、自分が想定した期間内で売れてくれる商品になります。

在庫を抱えていても、特に不安視する必要はありません。

 

儲かるかつ売れる商品(優良在庫)であれば、大量に持っていても良いでしょう。

不良在庫

「不良在庫」とは、優良在庫とは真逆の特徴を持ったもの。

 

相場で売れないだけでなく、値下げしてもなかなか売れない商品です。

せどりは資金を回収しなければ、次の仕入れに使うことができません。

 

不良在庫が大量にあると資金の回収ができず、キャッシュフローが悪化するリスクがあります。

一般的には赤字覚悟で損切りする必要があるでしょう。

 

>>【いつ?】せどりで損切りすべきタイミングは?判断基準とチェック項目

 

在庫を抱えるメリット

在庫に対して悪いイメージを持っている方もいるでしょう。

 

しかし、在庫を持つことには次のようなメリットもあります。

  • 優良在庫は資産になる
  • 売上を安定させられる

在庫はせどりの売上を安定させられます。

 

何も商品を持っていなければ、せどりで戦うことはできません。

優良在庫をできるだけ増やせれば、せどりの売上アップを効率的に達成できますよ。

在庫数の目安は仕入額の1.5〜2倍くらい

在庫数は、仕入額の1.5〜2倍くらいが目安です。

 

在庫が想定期間で全て売れることはほぼありませんよね。

売上から利益を抜いて次の仕入れ資金も捻出すると考えると、仕入額の1.5〜2倍くらいの在庫を持っていた方が安心かなと。

 

「在庫数はどれくらい持てば良いのかな?」と悩んだら、上記の目安を参考にしてみてください。

在庫数から売上や利益の目安を計算する流れ

在庫数から売上や利益の目安を計算する流れを見ていきましょう。

  • 平均利益率を決めて仕入れる
  • 在庫の原価をチェック
  • 利益額の目安を計算する

 

平均利益率を決めて仕入れる

まずは仕入れる商品に対して求める利益率を決めておきましょう。

 

利益率を決めておけば、リサーチする際の仕入れ基準にもできます。

「利益率20%以下の商品は仕入れない」と決めておけば、在庫数から利益額を計算することが可能です。

 

利益率を決める際は、若干多めに見積もっておきましょう。

なぜなら、価格競争で値崩れしても最低限の利益確保できるからです。

 

せどり初心者の方は、利益率15〜30%くらいを目安にすることをおすすめします。

仕入れ基準にもなるので、無理のない範囲で設定するようにしましょう。

在庫の原価をチェック

次は在庫の原価をチェックします。

 

今持っている在庫の原価の総額を計算してください。

EXCELやGoogleスプレッドシートで、自動計算できるようにしておくと便利ですよ。

 

>>【無料】せどりの売上管理・在庫管理スプレッドシートを配布します!

 

月間の販売状況を把握する

原価の総額が分かったら、月間の販売状況をチェックしてください。

 

例を見てみましょう。

  • 在庫の原価総額:100万円
  • 月間販売原価:80万円

上記の例の場合、月間販売状況は在庫の80%になります。

 

販売割合を把握しておけば、利益額の目安を計算しやすくなるんです。

面倒に感じるかもしれませんが、せどりの戦略を立てる上で非常に重要なので実行するようにしてください。

利益額の目安を計算する

最後に在庫から利益額の目安を計算しておきましょう。

 

利益額を計算する際は、ROI(投資利益率)を算出しておきます。

「ROI」とは「仕入れた金額に対してどれくらいの利益率だったか」を指す数値です。

 

ROIの計算方法の例を紹介します。

利益額5万円÷仕入額10万×100=ROI 50%

上記の場合、ROI 50%になります。

 

この数値をもとに利益額の目安を計算しておきましょう。

在庫総額×販売割合×ROI 50%=月間平均利益率

例を見てみましょう。

在庫総額100万円×販売状況80%×ROI 50%=月間平均利益率40万円

この計算方法をもとに月間平均利益率を出しておけば、せどりをする上で安心感を得ることができますよ。

せどりの在庫数は定期的に調整しよう

せどりの在庫数について解説しました。

 

結論から言うと、在庫数を気にするよりも商品の回転率を求めた方が売上アップに繋がります。

仕入れた商品が迅速に売れてくれれば、すぐに資金を次の仕入れに回せるでしょう。

 

在庫数はあくまでも目安です。

キャッシュフローを気にしつつ、定期的に在庫数を調整してみてください。

せどり初心者の頃からお金の計算に強くなっておけば、スムーズに目標達成できるようになりますよ。

参考記事
【初心者向け】せどりの回転率と利益率の優先順位を大公開

-せどりまとめ

© 2021 俺が副業せどりで月100万円稼げるようになるまで