ツール

【WatchBell(ウォッチベル)レビュー】独自機能が光るツール

自動価格改定ツールの戦国時代とも言える今「あえての手動価格改定ツール」なのが、今回紹介するWatchBell。

 

せどらーなら100%活用していた「モノレート」を作った会社が新しくリリースしたのが、このWatchBellなんです。10年以上もAmazonのデータと向き合ってきた企業が作るツールはかなり独特でした。

 

本記事では、WatchBellについてレビューします。

唯一無二のツールでAmazonせどりを加速させたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

WatchBell(ウォッチベル)とは

WatchBell(ウォッチベル)は、今はなきモノレートを制作したメンバーが新たに開発したツールです。

 

モノレートの代替と思いきや、リサーチツールではなく価格改定ツールというのも興味深いポイント。β版としてスタートしたWatchBellですが、度重なるアップデートで新機能を追加しつつ進化しています。

 

ここではWatchBellの特徴を見ていきましょう。

 

「適値」を分析できる

 

WatchBell最大の特徴と言えるのが「適値」を分析できることなんです。

 

一般的な価格改定ツールは、カートを取るために最安に設定しがち。この点、WatchBellは「最も高く売れる」かつ「カートが取れる」最適な値段を導いてくれる仕様になっています。

 

「カートを取る=底値」と考えるのはかんたんですが、それこそが値下げ合戦の原因です。WatchBellの導入で、無駄な値下げを防止することができます。

 

あえての手動価格改定ツール

 

WatchBellは「あえての手動価格ツール」という大きな特徴があります。

 

価格改定ツールといえば、自動で設定した通りに各商品の価格を変更してくれるのがデフォルトです。しかし、WatchBellではあえて自動の価格改定機能を実装していません。

 

というのも、WatchBellはデータを徹底的に分析して「より高く売る」ためのツールになっています。データと向き合って価格を設定する仕様のため、手動による価格設定になっているのです。

 

手動だけど効率化されてます

手動と聞くと手間がかかりそうなイメージですが、WatchBellはかんたんに価格を変えられるように管理画面が工夫されています。

 

クリックの手間も2クリックと最小限になっているので、そこまでストレスを感じることはありません。

 

WatchBellは月額3,980円

 

WatchBellの利用料は、月額3,980円です。

初期費用はなく、会員登録した日からすぐに使えます。

 

初回30日無料体験あり

WatchBellは初回30日間の無料体験が利用できます。

 

期間内に解約すれば、料金がかかることは一切ありません。全ての機能をフル活用できるので、少しでも気になる方は実際に試してみてはいかがでしょうか?

 

>>WatchBellを無料で試してみる
※期間内に解約すれば料金はかかりません

 

WatchBellのメリット・デメリット

WatchBellのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

・データの種類が豊富

・デバイスを問わず使える

・自分だけのデータを蓄積できる

デメリット

・自動価格改定ができない

・利用開始直後はデータがない

 

メリット①データの種類が豊富

 

WatchBellは、様々なデータをチェックできるメリットがあります。

  • 最安値
  • 在庫数
  • 利益率
  • カート獲得率
  • 出品者数
  • ランキング

ここまでは多くのリサーチツールがカバーしています。

  • ライバルの価格チャート
    ライバルが価格改定している時間や、ランキングが変動したタイミングでいなくなった出品者などをチェックできる
  • 良い・非常に良い・ほぼ新品チャート
    自分と同じコンディションに合わせて最安値を検証できる
  • 販売見込価格チャート
    実際の価格推移と比較して客観的に出品価格を決められる
  • 損益分岐チャート
    黒字と赤字の分岐点を表示できる
  • Amazon本体チャート
    Amazon本体の出品があるかどうかだけでなく「在庫あり/入荷予定あり/入荷予定なし」を知ることもできる
  • 出品者数・ランキンググラフ
    カート獲得資格者数の変動をグラフで見れる

上記のデータはWatchBellならではかなと。

 

モノレートをさらに深堀りしたような機能で、本気でデータと向き合えます。今まで感覚で仕入れる量を決めていた人は、WatchBellを活用することで論理的な仕入れができるようになるでしょう。

 

メリット②デバイスを問わず使える

 

WatchBellは、ブラウザで動作するアプリのためPC、スマホ、タブレットなどデバイスを問わず利用できます。

 

インターネット環境があればいつでも利用でき、インストール型のアプリと違い「起動してないとデータ収集できない」なんてこともありません。常に最新の状態で利用できるのもブラウザ版アプリのメリットです。

 

メリット③自分だけのデータを蓄積できる

 

WatchBellは、Amazonが提供する個別の出品者データを利用して、あなただけのデータを蓄積できます。

 

データをもとにオリジナルグラフの作成が可能で、使う期間が長いほど貴重なデータが増えていく仕様です。ストックされたデータを参考にすれば、次の仕入れやリサーチの精度をガッツリ上げられるでしょう。

 

デメリット①自動価格改定ができない

 

WatchBellのデメリットとしては、やはり自動価格改定ができないところです。

 

価格改定ツールを導入する目的は「自動」で価格改定したいからという人は多いでしょう。手動で設定する必要があるWatchBellは、利用する前から「使えない」というイメージを持つ人もいるかなと。

 

しかし、実際にWatchBellを使ってみると、自動で価格改定しない理由が分かるはずです。また、管理画面がスマートなので、手動の価格改定をそこまで手間に感じないでしょう。

 

デメリット②利用開始直後はデータがない

 

WatchBellの貴重なデータは「蓄積」していく必要があります。利用開始直後は、当然ながらデータがありません。速攻で効果を得たい人からするとデメリットに感じるでしょう。

 

ただし、他の価格改定ツールにあるようなデータの閲覧はできますので、大きな問題にはなりません。蓄積したデータを活用することで、よりハイレベルな分析ができるということです。

 

>>WatchBellを無料で試してみる
※期間内に解約すれば料金はかかりません

 

WatchBellに関するよくある質問

WatchBellに関するよくある質問をまとめました。

  • Amazon出品者なら誰でも使える?
  • 解約はかんたんにできる?
  • 初心者でも活用できる?

 

Amazon出品者なら誰でも使える?

 

WatchBellを利用するには、Amazonの大口出品アカウントの登録が必要です。小口アカウントだと利用できないので注意してください。

 

また「在庫があるSKU数」が4,000以上の出品者は、WatchBellを利用できません。登録する前に、上記に該当していないかチェックしておきましょう。

 

解約はかんたんにできる?

 

はい。WatchBellの解約はインフォトップからかんたんに行なえます。

 

インフォトップの解約方法

  • インフォトップの購入者マイページへアクセス
  • 「月額課金サービス」をクリック
  • WatchBellを選択して「退会する」をクリック

3分ほどで解約可能です。

 

30日間の無料体験中に「自分には必要ないな」と感じた方は、期間内に上記の流れで解約するようにしましょう。

 

初心者でも活用できる?

 

はい。WatchBellは初心者から上級者まで活用できます。

 

むしろ初心者のうちからデータと向き合えるようになっておくと、将来的に相当強い物販プレイヤーになれるかなと。月額3,980円とお手頃価格なので、月1万円でも利益が出ているなら導入してみると良いでしょう。

 

せどりは上級者になるほど、利用する有料ツールが増えてくるものです。中でもWatchBellは活用価値が高いので、初心者のうちから使い慣れておくことをおすすめします。

 

>>WatchBellを無料で試してみる
※期間内に解約すれば料金はかかりません

 

WatchBellの登録方法:3ステップで完了

WatchBellの登録方法について見ていきましょう。

  • 公式サイトにアクセス
  • 30日間無料体験を試してみる」をクリック
  • インフォトップで決済手続き

上記3ステップで登録できます。

 

まずはじめに、下のリンクよりWatchBellの公式サイトにアクセスしましょう。

 

>>WatchBellはこちら

 

ページ最下部にある「利用契約に同意しました」にチェックを入れて「30日間無料体験を試してみる」をクリックしてください。

インフォトップの決済画面に移動します。

  • 会員登録済みの方はこちら
  • 初めてインフォトップをご利用の方はこちら

上記のいずれかを選択して、決済手続きを完了しましょう。

決済が完了すると、インフォトップからログイン情報などが記載されたメールが届きます。

 

はじめてWatchBellを起動した際は、以下の手順で初期設定を完了させましょう。

特に難しい手続きもなく、即日利用開始できますよ。

 

まとめ

WatchBellは、あえて手動で価格改定するという一風変わったツールです。

 

これ新参者がリリースしたツールなら「血迷っちゃったかな」と批判されそうなんですが、モノレートの制作陣だからこそ説得力がありますよね。「データと向き合う」というコンセプトも素晴らしいです。

 

自動価格改定ツールに任せっきりになるのもアリですが、WatchBellで「より高く売るために」と考えるのも有効かなと感じます。

 

何より本当に多種多様なデータを閲覧できるのがメリットです。

少しでも興味のある方は、30日間無料体験を利用して使用感をチェックしてみてくださいね!

 

>>WatchBellを無料で試してみる
※期間内に解約すれば料金はかかりません


-ツール
-