ノウハウ

Amazon FBAとは?メリット・デメリットと注意するべきポイント

Amazonで商品をしっかり販売していきたいなら、FBAの活用は欠かせません。

 

むしろ、FBAはAmazon最大の特徴でもあるので、利用しない手はないかなと。ただし、FBAのメリット・デメリットを把握して実践しないと、損をしてしまう可能性もあります。FBAの恩恵を最大限に引き出すには、事前に理解を深めることが大切です。

 

本記事では、Amazon FBAの概要からメリットデメリット、注意点などをせどり初心者にも分かりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

Amazon FBAとは?せどらー必須です

Amazon FBAとは「フルフィルメント by Amazon」の略称です。

 

FBAを利用すると、以下のサービスが受けられます。

  • プライム出品者になれる
  • 検品・保管
  • 梱包・発送
  • 購入者への発送連絡
  • クレーム・返金・返品処理
  • 他社販路への発送代行

商品の管理〜発送まで面倒な作業を代行してくれるイメージです。

 

クレーム対応や返金・返品などもAmazonが行ってくれるので、せどり業務の効率化ができます。

 

FBAを利用する流れ

 

FBAを利用する流れは以下の通りです。

  1. FBAに登録
  2. 仕入れた商品にバーコードを貼る
  3. 商品をFBA倉庫へ発送・納品
  4. 商品が売れたらAmazonが発送を代行

 

>>FBAの登録はこちら

 

FBAの利用規約に基づいて、バーコードを印刷し商品に貼り付けます。商品を所定のFBA倉庫へ納品して受理されたら、自動で販売が始まる仕組みです。

 

後は商品が売れる度に、Amazonが梱包や発送を代行してくれますよ。

 

Amazon FBAの利用料

 

FBAに月額料金はなく、使った分だけ料金を支払う仕組みになっています。

 

小口出品か大口出品かによって、かかる手数料が変わる仕組みです。FBAの料金体系については、Amazon公式サイトを参考にしてみてください。

 

>>FBA料金プランを確認する

 

FBA料金シミュレーターが便利

 

どれくらいの手数料がかかるのかな?
コータ

 

上記の疑問を解決する際に便利なのが、FBA料金シミュレーターです。

 

>>FBA料金シミュレーターはこちら

必要事項を入力するだけでFBA手数料と利益を計算できます。

 

Amazon FBAはせどり業務の効率化しつつ、売上げアップを目指したい方に必須のサービスと言えるでしょう。

 

Amazon FBAのメリット・デメリット

Amazon FBAを利用するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・雑務をAmazonに丸投げできる

・商品の売れ行きが上がる

・Amazon以外にも発送できる

デメリット

・ FBA利用手数料がかかる

・商品の現状チェックができない

 

メリット①雑務をAmazonに丸投げできる

 

FBAを利用することで、せどりの面倒な雑務から解放されます。

 

副業でせどりを行っていると…

  • 会社から帰宅して発送作業
  • 土日は商品の検品作業
  • 急なクレームへの対応

など、ストレスを感じる瞬間が多々ありますよね。

 

上記のような雑務をいくらこなしても、せどりの利益は増えません。

Amazon FBAを活用すれば、雑務をすることなく空いた時間を商品リサーチにさけます。

 

時間がない副業せどらーにとっては、大きなメリットになるでしょう。

 

メリット②商品の売れ行きが上がる

 

FBAを利用すると「プライム出品者」になり、商品の売れ行きが上がります。

 

なぜならプライム出品者は、優先的にカートを獲得できるからです。

カートとは商品ページにある「カートに入れる」ボタンのこと。

 

Amazonを利用する人は、基本的にカートを獲得している出品者から商品を購入します。「商品の売れ行きがイマイチだな〜」と悩んでいた方は、FBAを利用すると恩恵が受けられるかもしれません。

 

メリット③Amazon以外にも発送できる

 

FBAはAmazon以外で売れた商品の発送してくれる「マルチチャネルサービス」が利用できます。

 

マルチチャンネルの使い方

  • 購入者の住所を入力
  • 発送が完了すると通知が届く
  • 発送情報を購入者に連絡

Amazonから発送されたことを悟られないように、無地のダンボールで梱包してくれるのもポイント。

 

全ての販路の発送作業を代行してくれるのは、せどらーにとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

デメリット①FBA利用手数料がかかる

 

デメリットとしては、FBA利用手数料がかかることですね。

 

「自己発送なら利益が出るけど、FBAを利用すると赤字になる…」という商品はとても多いです。

 

そのため、どんな商品でもFBA納品してOKなわけではありません。損しないためにも「FBAでも儲かる商品」に絞った商品リサーチが大切です。

 

また、FBAと自己発送を分けることで、せどりの売上を高めるのも1つの戦略になります。

 

デメリット②商品の現状チェックができない

 

FBA納品すると、商品の現状をチェックできないのも残念なポイントです。

 

例えば、購買意欲のある人から質問が来た際、商品が手元になくて回答できないケースも出てきます。特に中古品をFBA納品する際は、事前に商品を細かく撮影するなどの工夫が重要です。

 

Amazon FBAを使う際の注意点

最後にAmazon FBAを使うに注意するべきポイントを解説します。

  • FBA手数料を含めた利益計算をする
  • 不良在庫は定期的に損切りする
  • 事前にFBA納品できるか確認する

 

FBA手数料を含めた利益計算をする

 

商品リサーチをする際は、FBA手数料を含めた利益計算を徹底しましょう。

 

テキトーに利益計算すると赤字になるリスクがあります。FBA料金シミュレーターを使う習慣をつけておくと安心です。

 

また、人によっては「自己発送の方が500円儲かるからFBAは利用したくない」と考える方もいるでしょう。しかし、前述した通り、自己発送はカート獲得率が下がりがちです。

 

商品1品の利益額ではなく、回転率を考慮して見ることも覚えておいてください。

 

>>【初心者向け】せどりの回転率と利益率の優先順位を大公開

 

不良在庫は定期的に損切りする

 

FBAは在庫保管手数料がかかるので、売れない商品は定期的に損切りしましょう。

  • 1ヶ月たっても全く売れない商品
  • 価格競争が終わらない商品
  • 大きくて保管料が高い商品

上記のような商品は、自宅に返送するか赤字価格で売りさばいた方が良いです。

 

赤字になったとしても、資金を次の仕入れに回した方が良い結果に繋がります。

損切りのタイミングについて悩んでいる方は、下記記事を参考にしてみてください。

 

>>【いつ?】せどりで損切りすべきタイミングは?判断基準とチェック項目

 

事前にFBA納品できるか確認する

 

Amazon FBAには規約上、納品できない商品があります。

  • 冷蔵・冷凍食品
  • 動植物
  • 可燃性のある商品

例えば、上記のような商品はFBA納品が禁止されています。

 

商品リサーチをする際は、各商品ごとにFBA納品できるかをチェックするようにしましょう。

 

まとめ

Amazon FBAとは、せどりで稼ぎたい全ての方に価値のあるサービスです。

  • 商品の売れ行きが上がる
  • 雑務をAmazonが代行してくれる
  • 他販路への発送もOK

現在、Amazonの出品者になっているものの、FBAを利用していない方は大きな損をしていると言えます。

 

カート獲得率が上がり、商品の売れ行きも上がるなら使わない手はありませんね。

商品リサーチをする際は、FBA料金シミュレーターを使って厳密な利益計算をしてください。

 

せどりの売れ行きがイマイチだった方は、FBAをフル活用していきましょう。

参考記事
せどりのやり方を5ステップで解説!初心者から稼ぐまでのロードマップ

-ノウハウ
-