ノウハウ

Amazonのストア評価を最速で貯める方法:月20件獲得も可能

2022年8月3日

Amazonせどりでネックになる要素の1つが「ストア評価」ではないでしょうか?

 

セラーアカウントの評価は「貯まりづらい」のがデフォルト。ストア評価が数百件以上のライバルを見て「いつになれば、あんなに評価を貯められるんだろう」と、途方に暮れた経験のある人も多いはず。

 

しかし、Amazonには「評価を貯める方法」が存在します。

 

この方法を知っているかどうかで、ストア評価の貯まり方は大きく違ってくるはず。せっかくなら最短最速で、ストア評価を貯めていきたいですよね。

 

そこで本記事では、Amazonのストア評価の獲得方法について解説します。

 

スポンサーリンク

Amazonのストア評価を増やすべき理由

はじめに「なぜストア評価を増やすべきなのか」という理由と目的を明確にしておきましょう。

 

カート獲得率が上がる

 

Amazonでは、ストア評価がカート獲得率に影響します。

 

例えば、あなたと同じようなライバルが相乗り出品している場合、Amazonは平均評価の高い出品者にカートを優先させる傾向があるのです。

 

もちろんストア評価以外にもカート取得率を左右する要素はありますが、されどストア評価が重要なことも確かかなと。評価が少ない、または悪い評価が多いセラーはカートの取得率も低くなりがちです。

 

「カート獲得=売上アップ」ですから、ストア評価を貯めることはとても大切と言えるでしょう。

 

出品者の信頼に繋がる

 

ストア評価が100以上あって、かつ良い評価の割合が多ければ、信頼できる出品者とし見られやすくなります。

 

1品数百円の商品を購入する時は、そこまで関係しないかもですが、高額商品になるほど、利用者がセラーの評価を見る機会が増えるはずです。信頼できないセラーと判断されたら、それだけで販売機会の損失に繋がります。

 

プレ値の中古品や、自己発送の商品などは信頼でき出品者から買いたいものです。

「安心して取引できる出品者である」という証明になるのも、ストア評価を貯めるメリットと言えます。

 

アカウント停止のリスクを回避できる

 

ストア評価がたくさんあると、アカウント停止のリスクを低減できます。

 

例えば、トータルの評価数が2つで、うち1つが「評価1」だったとしましょう。この出品者は悪い評価の割合が「50%」になってしまいます。最悪の場合、アカウントが利用停止になる可能性も。

 

しかし、評価50個中の1つであれば、大きな問題にはなりません。

 

Amazonでは評価の数ではなく「割合」で良い出品者か判断されるケースもあります。評価がたくさんあれば、万が一悪い評価をもらった時のダメージを軽減できるということ。

 

こういった点から、Amazonのストア評価を増やすべきと言えるでしょう。

 

Amazonストア評価の貯め方:効率的な獲得方法

具体的にストア評価を効率的に獲得する方法は以下の通りです。

  • 安くてバカ売れする商品を出品する
  • サンクスメールを送信する
  • 自己発送に手紙を同封する

 

安くてバカ売れする商品を出品する

 

まずはどんどん売れる安い商品を出品しましょう。

 

低単価な商品なら、せどり初心者でも仕入れやすいですよね。回転率が高ければ、その分取引の回数も増えて「評価がもらえる可能性」も高くできます。

 

今回は「評価を貯める」ことが目的です。利益は出なくてもOK。赤字にならないくらいで、とにかく売れる商品を見つけましょう。個人的には生活用品や消耗品、小さな文房具などがおすすめです。

 

1人の出品者から、月に少なくとも20個以上売れてくれる商品であれば、評価も貯めやすいかなと。

 

販売手数料やFBA納品などの経費を引いて、赤字にならなければ問題ありません。「ストア評価を貯めるための投資」として、どんどん出品しましょう。

 

Yahoo!ショッピングや楽天市場など、独自のポイントが利用できるサイトを使うと利益率を上げやすいかなと。赤字にならないためにも、ポイントを最大限活用してください。

 

商品の回転率を計算する方法については、別記事で詳しく解説しています。

 

>>【初心者向け】せどりの回転率と利益率の優先順位を大公開

 

サンクスメールを送信する

 

取引の母数が増やすことができたら、次は購入者に対して「評価依頼メール」を送信していきます。

 

よっぽどのことがない限り、購入者が自ら良いストア評価をつけてくれることはありません。こちらから「評価してください!」とお願いする必要があります。

 

サンクスメールは、セラーセントラルの注文管理画面で、購入者の氏名をクリックすると送信できます。

ただし、注文数が増えてくると手動で管理するのが大変になるものです。個人的には、サンクスメールを自動で送信できるツールを使うのが良いかなと。

 

おすすめは、Amazonの価格改定ツールを使う方法です。人気の価格改定ツールには、ほぼほぼサンクスメールの自動送信機能がついています。送信忘れを防ぐためにも、ツールの導入を検討してみてくださいね。

 

>>【Amazon価格改定ツールおすすめ5選】導入すべき3つの理由とは

 

サンクスメールの例文:コピペしてOK

〇〇(購入者の氏名)様

この度は当店より商品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。

ご注文いただいた商品は、無事お手元に届きましたでしょうか?
商品が到着しておりましたら、お手数ではございますが、評価にてご連絡をいただけると幸いでございます。

評価は以下の手順で行っていただけます。
①Amazonへログイン「アカウントサービス」を選択
②「注文履歴を見る」から、こちらの商品を選択
③「出品者を評価する」から当店を評価
上記の通りでございます。

また、下記のURLより直接評価いただくことも可能です。

https://www.amazon.co.jp/hz/feedback

お手すきの際に、ぜひよろしくお願いします。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

機会がございましたら、ぜひまたご利用くださいませ。

〇〇(ショップ名)

サンクスメールは、感謝を述べつつ評価依頼をするのがポイントです。

 

購入者の労力を最小限にできるよう、短文かつ手順を明確に伝えると良いでしょう。実際に評価がつく割合は5〜10%くらいです。とは言え、必須の作業でもあるので淡々とサンクスメールを飛ばす習慣をつけてくださいね。

 

自己発送に手紙を同封する

 

FBAではなく、自己発送の商品がある場合は、サンクスメールの他にリアルな手紙を同封するのがおすすめです。

 

内容はサンクスメールと同じですが、紙に手書き(または手書き風)でメッセージが書いてあると、嬉しく思う購入者も少なからずいます。単身の人は気持ちがホッコリするかもしれません。

 

プリンターがあるなら、評価ページのQRコードを印刷しておくと、購入者がダイレクトにジャンプできるので便利です。

 

ちょっとしたステッカーや小物を同封しておくと、購入者が感激して評価してくれる可能性を上げられます。目的は「評価を貯める」ことなので、できることをどんどん実行していきましょう。

 

Amazonストア評価で覚えておくべきポイント

最後にストア評価に関して、覚えておくべきポイントを紹介します。

  • 評価を操作するような行為はNG
  • 評価依頼はマナーを守ろう
  • 理不尽なストア評価は削除しよう

 

評価を操作するような行為はNG

 

「評価5にしてください」や「必ず良い評価にしてください」と誘導する行為は規約違反です。正当な評価になるように、結果は購入者に委ねるようにしてください。

 

また、評価依頼をすることは「悪い評価をもらう可能性」も上がります。

 

あなたが問題のある商品を出品していれば、購入者は悪い評価をつけるはずです。評価を貯めることは大切ですが、それ以前に良い商品を扱うことも忘れないようにしましょう。

 

評価依頼はマナーを守ろう

 

サンクスメールを送る際は、時間帯に気をつけてください。

 

深夜にサンクスメールを送ったら、気を悪くする購入者もいます。基本的には9〜5時の常識的な時間帯に送信するのがおすすめです。ツールなら時間帯も設定できるので安心かなと。

 

評価依頼を何度も送信するのもNGです。悪い評価をつけられる原因になります。

 

また、購入者から問い合わせが来ているのを気づかずに、サンクスメールを送るのも良くありません。自己中な出品者という印象になってしまうので注意してくださいね。

 

理不尽なストア評価は削除しよう

 

万が一、購入者から理不尽な評価をつけられた際は、Amazonに削除してもらうことも可能です。

  • 悪口や暴力的な内容
  • 個人情報が含まれている
  • 商品レビューになっている

上記のような内容の場合、評価を削除してもらえます。

 

詳しくは下記記事を参考にしてみてくださいね。

 

>>Amazonの評価を削除する方法:削除できない時の対処法はある?

 

まとめ

Amazonのストア評価を貯めておくと、カート獲得率アップや、アカウント停止のリスク軽減などのメリットが得られます。

 

良い評価がたくさんあるショップは、それだけで信頼に繋がるはずです。

 

安心して商品を購入してもらえれば、さらに良い評価をもらえるキッカケになりますよね。そのためにはサンクスメールを送信することが大切です。嫌味のないサンクスメールなら、評価してくれる購入者も出てきます。

 

良い評価を無理強いするのは規約違反です。サンクスメールを送信する時間帯や何度も送りつけるのもやめておきましょう。

 

ストア評価を貯めれば、商品の売れ行きも上がっていきます。

ぜひ、今回紹介した方法を実践して、迅速に評価を獲得してみてくださいね。


-ノウハウ
-