せどりまとめ

Amazonせどりで返品された時の対処法:補填依頼する方法も解説

2022年8月10日

Amazonせどりをしていると、ちょくちょく商品が返品されてきますよね。

 

この時、返品理由をしっかりチェックしているでしょうか?もしも、答えがNoなのであれば、今すぐ悪い習慣をやめるべきです。なぜなら返品理由によっては、Amazonから補填してもらえるから。

 

「すり替え詐欺」や「レンタル詐欺」による返品に対する防止策も知らなければなりません。

本記事では、Amazonせどりの返品に関する知識をインプットしておきましょう。

 

スポンサーリンク

Amazonの返品に関する条件

Amazonは購入した商品が手元に届いてから、30日以内であれば返品・交換を受け付けています。ただし、FBA商品に関しては交換不可。

 

FBA商品の場合は、再度販売できるかどうかをAmazonスタッフに判断されます。再販不可の場合は、破棄または返送の対応をしなければなりません。

 

お客様都合の返品・交換の条件

 

お客様都合による返品に対する返金の条件は以下の通りです。

  • 未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金
  • 開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金

ちなみに「開封済み」と判断される条件は以下の通り。

  • メーカー既成の梱包を開封してある、または破損している
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包がしてある
  • 商品タグが外されている
  • 部品のビニール包装が開封されている
  • ケーブルを固定するワイヤーなどが外されている
  • その他、商品自体に使用された形跡がある

ちなみに包装代や配送料などは返金されません。

 

トラブルや不具合による返品・交換の条件

 

トラブルや不具合など、商品に問題があった場合は、商品代金と包装代、配送料などが全額返金されます。

 

返金ではなく正常に動作する商品との交換になるケースも。

 

商品に問題があることが原因なので、全ての費用が返金される仕組みです。返品や返金に関する条件を頭に入れておくと、トラブルが起きた時にスムーズに対応できますよ。

 

Amazonでせどり商品が返品される理由

はじめにAmazonでよくある返品理由を紹介します。

  • 商品に問題があった
  • 間違えて購入された
  • すり替え詐欺

 

商品に問題があった

 

これは出品者やFBAでの保管に問題がある場合がほとんどです。

  • 商品に破損や欠陥がある
  • 動作しない
  • 付属品がない
  • 明らかに中古品
  • 状態が悪い

上記のような問題があれば、返品されても納得せざるを得ないですね。

 

出品者として、責任を持って対応するべき返品理由と言えるでしょう。

 

間違えて購入された

 

購入者が間違って購入するケースも珍しくありません。

 

同じ見た目でも、型番が違ったり内容が違う商品は結構あるものです。未開封で気づいてもらえれば良いですが、開封された商品を返品されるとイラッとしますよね。

 

ネットで物販をやる以上、間違えて購入される問題はなくならないかなと。

 

すり替え詐欺

 

すり替え詐欺の流れは以下の通り。

  • ブランド品をAmazonで購入
  • 届いた商品を開封して、本物と偽物をすり替え
  • Amazonから返品・返金を受ける

出品者からすると、中身が偽物にすり替わって、かつ返金までされてしまうという嫌なパターンです。

 

Amazonの顧客第一主義を逆手に利用した手口で、被害にあったせどらーも増えています。同様の流れで「一定期間だけ使って返品」のような「レンタル詐欺」と呼ばれるケースも。

 

「本物を出品」→「偽物とすり替え」→「偽物と知らずに再販」→「購入者から偽物とAmazonへ連絡」→「アカウント停止」という最悪な流れも考えられます。

 

すり替え詐欺に遭いやすいのは、ハイブランド系の商品です。セラースケットを使って、そもそもリスキーな商品を仕入れないこともできますよ。

 

Amazonせどりの商品が返品された時の対処法

  • 返品された理由を把握する
  • 場合によって補填依頼する
  • 返送か廃棄を選択する

 

返品された理由を把握する

 

まず「なぜ返品されたのか」という理由を明確にしておきましょう。

 

返品理由を知るには、セラーセントラルトップページから「レポート」→「フルフィルメント」の順でクリックしてください。

 

Amazonフルフィルメントレポートのページが表示されます。下にスクロールすると左側に「返品レポート」があるので、こちらをクリックしましょう。

 

期間を指定して「レポートの生成」をクリックしましょう。

これで購入者が選択した返品理由が閲覧できます。

 

FBA商品の場合は、特別な返品手続きは必要ありません。
自己発送の場合は、セラーセントラルから返品処理を完了させましょう。

 

セラーセントラルのトップページにある「注文」から「返品管理」をクリックしてください。

 

返品に関する注文が閲覧できるので、返品理由や内容に応じて手続きを行いましょう。

 

全額返金がおすすめ

商品代金の返金は、全額にしておくのがベターです。

 

購入者によっては、一部しか返金されないことに腹を立てて、悪いストア評価をつけてくる人もいます。悪い評価がつくと、アカウントの健全性が下がってしまうので気をつけてください。

 

波風を立てないようスムーズに行動することが大切です。

 

場合によって補填依頼する

 

前述した「すり替え詐欺」をはじめ、明らかに理不尽な返品に関しては、Amazonに報告して補填してもらいましょう。

 

すり替え詐欺の他にも、購入者が受け取り拒否した時なども対象になるそうです。Amazonでは補填の対象になる条件を公開していません。問い合わせるのは無料なので、理不尽な返品はAmazonへ連絡しましょう。

 

返送か廃棄を選択する

 

返品された商品で再販できない商品は、自宅に返送するか破棄するかを選ばなければなりません。

 

セラーセントラルの「FBA在庫管理」で商品を表示して「販売不可/発送不可」をチェックしてみましょう。何かしらの商品が該当している場合は、返送か廃棄のいずれかを選択してください。

 

返送してメルカリに出品しよう

せっかく仕入れた商品を廃棄するのはもったいないです。

 

できれば返送して、メルカリに出品しましょう。元が取れなくても少なからず仕入れ代金を回収できます。メルカリは出品の自由度が高いので、Amazonで売れない商品も問題なく売ることができるでしょう。

 

>>【ガチで稼ぐ】メルカリせどりで儲ける15のコツと注意点を紹介!

 

すり替え詐欺の返品率を少なくする効果的な方法

すり替え詐欺を未然に防ぐには、店名や商品説明文に「対策中」「対策実施店」などの文言を追加するのがおすすめです。

 

すり替え詐欺を認識していることを強調すれば、少なからず抑止力になります。

 

特別な対策を行っていなくても問題ありません。「監視しています」や「対策を強化しています」などの文言を入れて、悪質な購入者をフィルタリングしておきましょう。

 

まとめ

Amazonでせどりをしていく上で、返品を防ぐことはできません。

 

物販では避けて通れない問題の1つですが、まずは返品理由を明確にして然るべき対応を取りましょう。返品理由のチェックができないと、すり替え詐欺やレンタル詐欺などを見逃してしまいます。

 

正しい対応方法を身につけておけば、出品者が被る被害を最小限にしていきましょう。

 

-せどりまとめ
-