せどりで使えるツールまとめ

【網羅】Keepa有料版の登録方法・使い方・解約方法を徹底解説

悩める人
Keepaの有料版を契約しようと思うけど、使い方や登録方法がいまいち分からない。無料版と有料版はどんな違いがあるのかも知っておきたいし…Keepa有料版の使い方や初期設定の方法などを教えてほしいな。

こんな疑問に答えます。

 

モノレート閉鎖にあたり、多くのせどり実践者が代替ツールとして選択したのがKeepaです。

 

Amazon商品ページ上にグラフを表示できる便利なツールですが、Amazonランキングを表示するには有料版へ登録する必要があります。

 

「ランキングを表示するだけで有料なんてコスパ悪くない?」

 

このように考える方も少なくないでしょう。

 

しかし、有料版Keepaには無料版では使えない便利なリサーチ機能が沢山使えるんです。

本記事では、Keepa無料版と有料版の違いから登録方法、使い方まで徹底解説します。

Keepa有料版はモノレート以上に便利な機能が詰まっています。使い方をマスターすれば、いままで以上にリサーチが効率化するはずです。ぜひ、本記事を参考にKeepa有料版をフル活用してみてくださいね!
コータ
スポンサーリンク

Keepa有料版と無料版の違い

せどり実践者にとって重要なポイントになる有料版と無料版の違いは以下の通りです。

Keepa有料版でできること

  • Amazonランキング
  • カート価格の推移
  • 出品者数の推移

上記3つのデータを表示するには、Keepa有料版に切り替える必要があります。

 

特にAmazonランキングが表示できないとリサーチツールとしてフル活用するのは難しいですよね。

有料版に切り替えれば、Amazonの商品ページ上でほぼ全ての詳細情報をチェック可能です。

 

Keepaを使うならマストで有料版にすることをおすすめします。

Keepa有料版の価格

Keepa有料版の価格は以下の通りです。

  • 月払い:15ユーロ(1,800円ほど)
  • 年払い:149ユーロ(18,000円ほど)

最安で有料版Keepaを契約したい方は年払いがおすすめです。

 

実質、月1,500円ほどでKeepaの便利な機能をフル活用できるようになります。

「まずは短期間試してみて…」という方は、月額1,800円ほどの月払いプランを選択しましょう。

 

無料で使えたモノレートの代替えとしては若干高いと感じるかもしれません。

ただし、利便性を考えれば月1,800円は決して高くないですよ。

 

1日たったの60円ほどで、せどりのリサーチを効率化できるようになるので、この機会に有料版への切り替えを考えてみてはいかがでしょうか。

Keepaアカウントの登録方法

Keepaの機能をフル活用するには、まずアカウントの登録を行いましょう。

 

アカウントの登録は以下の手順で完了します。

アカウント登録の流れ

  • Keepa公式サイトへアクセス
  • ログイン/アカウントの登録」をクリック
  • アカウント登録」を選択
  • 必要事項を入力
  • アカウント登録」をクリック

まずはKeepaの公式サイトへアクセスしましょう。

Keepaはこちら

 

サイトのトップページ右上にある「ログイン/アカウントの登録」をクリックしてください。

次に上部の「アカウント登録」をクリックして、必要事項を入力していきます。

  • ユーザ名
  • パスワード
  • メールアドレス

上記3つの入力が完了したら、下部にある「アカウント登録」をクリックして登録完了です。

登録が完了するとKeepaからメールアドレスの確認メールが送信されてきます。

 

メールに添付されているリンクをクリックしてください。

リンクをクリックすると、公式サイトが表示されます。

 

これでアカウントの登録は全て完了しました。

Keepa有料版の登録方法

アカウントの登録が完了したら、次に有料版へ登録していきましょう。

有料版登録の流れ

  • アカウント→「サブスクリプション」をクリック
  • Data Accessのスイッチをオンにする
  • 必要事項を入力して「SUBSCRIBE NOW」をクリック

上記3ステップで完了します。

 

有料版の登録画面は英語になりますが、以下の画像を参考にすれば問題ありません。

 

まずはじめにKeepaトップページ右上にあるアカウント名の中にある「サブスクリプション」をクリックします。

サブスクリプションの内容が表示されるので「Data Access」の隣にあるボタンをクリックしてください。

ボタンをクリックすると、必要事項の入力画面が開きます。

 

下画像に沿って必要事項を入力して「SUBSCRIBE NOW」をクリックしてください。

  • Individural:個人での契約
  • Full name:フルネーム
  • Address:住所(県名以下)
  • City:県名
  • Postal code:郵便番号
  • Credit Card:クレジットカード
  • Coupon code:クーポンコード(ある場合のみ入力)

氏名や住所などは全てローマ字で入力すればOKです。

 

必要事項を入力したら、支払いプランを選択して契約承諾のチェックを入れましょう。

最後に「SUBSCRIBE NOW」をクリックしてください。

 

正常に決済されると下画像のようなメッセージが表示されます。

これで有料プランの登録は完了です。

Keepa有料版の使い方

ここではKeepa有料版の基本的な使い方を解説します。

  • 有料版Keepaの初期設定
  • ブラウザの拡張機能を追加
  • Amazonランキングから売れ行きを分析

有料版Keepaの初期設定

まずはKeepaの初期設定を済ませておきましょう。

Keepaの初期設定

  • 言語の設定
  • Amazon.co.jpを指定

上記2点を設定すれば問題ありません。

 

Keepaトップページの右上にある項目をチェックして、日本語とAmazonジャパンに設定されていない方は変更してください。

これで初期設定は完了です。

ブラウザの拡張機能を追加

KeepaをAmazonの商品ページ上に表示するには、Chromeブラウザ版の拡張機能を追加する必要があります。

まだ、ブラウザ版Keepaを追加していなかった方は、下記リンクより設定しておきましょう。

 

>>ブラウザ版Keepaはこちら

 

Chromeブラウザへ正常にKeepaが追加されると、Amazonの商品ページ上に様々なグラフが表示されます。

無料版と比較するとグラフの充実度は歴然ですね。

Amazonランキングから売れ行きを分析

具体的なリサーチ方法については、モノレートと同じくAmazonランキングから売れ行きを分析していきます。

 

リサーチに使う主なランキングは以下の通りです。

  • 売れ筋ランキング
  • カテゴリー別ランキング

上記2点と出品者数を照らし合わせて供給過多になっていなければ、価格差をチェックしていく流れになります。

Keepaのグラフにマウスカーソルを合わせると、上画像のように具体的な数字が表示されます。

 

例えば、上記の商品の場合、ランキングと出品者数を考えると最安値で出品できれば売れるチャンスがあると言えますよね。

仕入れ対象にできそうな商品を発見したら、最安値で出品している出品者が何名いるかカウントしましょう。

 

プライム出品で、なおかつ最安値が10〜20名ほどだったら仕入れ対象にできます。

Keepaを使えば、Amazon商品ページ上で全てのデータを効率的にリサーチできますね。

 

いい感じの商品を見つけたら、仕入れ先とFBAシミュレーターを使って利益を確認しましょう。

Keepa有料版を使えば、シンプルかつ効率的にリサーチすることができます。次の章では、有料版には他にも様々な便利機能を紹介します!
コータ

Keepa有料版の便利な機能と使い方

Keepa有料版の便利な機能と使い方を解説します。

  • プロダクトファインダー
  • プロダクトビューアー
  • ベストセラーリスト
  • トップセラーリスト
  • カテゴリーツリー

商品検索機能

Keepaの有料版では独自の商品検索機能が使えるようになります。

 

商品検索機能を使うと、仕入れ対象を絞り込む作業がグッと効率化できますよ。

  • 商品検索に必要な情報を入力
  • FIND PRODUCTS」をクリック
  • 一覧表示された商品をリサーチ

上記の流れで完了です。

 

Keepaトップページから「Data」→「Product Finder」の順にクリックしてください。

 

商品検索ページが表示されるので、検索したい商品のランキングや価格を入力していきましょう。

 

今回は例として以下のように入力しました。

入力が完了したら「FIND PRODUCTS」をクリックしましょう。

 

すると、下画像のように条件に一致した商品が一覧表示されます。

Amazonから検索するよりも効率的に商品を絞り込めます。

 

あとは上から順にリサーチしていけばOKです。

プロダクトビューアー

プロダクトビューアーは、気になる商品を1万個登録できる機能です。

  • Amazon刈り取り
  • プレミア商品の推移分析
  • 出品者推移の分析

上記のような使い方に最適ですね。

 

下画像のようにASINコードを入力して「LOAD LIST」をクリックしてください。

読み込みが完了すると、該当商品の詳細をチェックできるよになります。

通常のリサーチとは別に詳細を細かく分析したい時は、プロダクトビューアーが便利ですよ。

ベストセラーリスト

ベストセラーリストは、カテゴリー別のベストセラーを簡単に確認できる機能です。

  • Data」→「Best Seller List」の順にクリック
  • 好きなカテゴリーを選択

上記2ステップでベストセラーを表示できます。

 

どんな商品に需要があるのかや、トレンド商品を把握する際に非常に便利ですね。

売れている商品を把握して、関連商品をリサーチする時にも使えます。

 

アイデア次第でリサーチを効率化できる便利な機能です。

トップセラーリスト

トップセラーリストは、Amazonで売れ行きのよいセラーをランキング表示できる機能です。

Data」→「Top Seller List」の順にクリック

トップセラーリストは、Amazonで稼いでいるセラーがどんな商品を出品しているのか分析する際に活用できます。

 

セラーの出品商品一覧から、新しい仕入れ対象を見つけたり派生リサーチする時に便利ですね。

カテゴリーツリー

カテゴリーツリーは、カテゴリーから商品を抽出できる機能です。

  • Data」→「Category Tree」の順にクリック
  • カテゴリーを絞り込む
  • 検索ボタンをクリック

上記の流れで、特定カテゴリーの商品を絞り込むことができます。

 

  • 虫眼鏡マーク:商品一覧にジャンプ
  • #マーク:トップセラーランクにジャンプ
  • Amazonマーク:Amazonサイトへジャンプ

上記3つの選択ができるようになっています。

 

カテゴリーに特化したせどりをしている人にはとても便利な機能と言えるでしょう。

Keepa有料版には、便利かつ効率的にリサーチできる機能が沢山ついています。使い方に慣れてくると迅速に儲かる商品が見つけられるので、ぜひ活用してみてくださいね!
コータ

Keepa有料版の解約方法

最後にKeepa有料版の解約方法を解説します。

Keepa解約の流れ

  • アカウント名→「サブスクリプション」の順にクリック
  • Data Access」のボタンをクリック
  • CANCEL SUBSCRIPTION」をクリック

上記3ステップで完了です。

 

Keepaトップページ右上にあるアカウント名から「サブスクリプション」を選択します。

次に「Data Access」の右側にあるボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると下画像のようなメニューが表示されるので「CANCEL SUBSCRIPTION」をクリックしてください。

解約が完了するとボタンのスイッチがオフになっていることが分かります。

これでKeepa有料版の解約手続きは完了です。

 

ちなみにKeepaを解約しても期限までは有料版を使うことができます。

例えば、7月12日に契約して、同じ日に解約すれば8月12日まで有料版を使用可能です。

 

有料版を使ってみたものの「自分には合わないな」と感じた方は、サクッと解約しちゃいましょう。

まとめ

Keepaは有料版にすることで、せどりのリサーチに大活躍する便利な機能が使えるようになります。

 

人によっては「月1,800円は高いよな」と感じるかもしれません。

そんな方は、ぜひ1ヶ月だけ有料版Keepaを使ってみてほしいです。

 

きっと「こんなに効率的にリサーチできるなら月1,800円払ってもいいよな」と感じるはず。

 

Amazonの商品ページ上で様々なグラフを表示できるのは、Keepaならではの魅力です。

また、グラフ表示以外にも商品検索やセラーランキングなど、リサーチに活用できる機能が沢山ついています。

 

ぜひ、少しでも気になる方はKeepa有料版を利用してみてください。

 

モノレートが閉鎖になった今、代替ツールとしての価値を感じられることでしょう。

参考記事
【必見】モノレートの代替ツール厳選3つ:現役せどらーが解説します

-せどりで使えるツールまとめ
-

© 2021 俺せど